企業が作るバイラル動画とは?成功させ得られる効果を紹介|年間実績220本以上 大阪の映像制作・動画制作会社 シードアシスト

コラム

Column

コラム

コラム記事

企業が作るバイラル動画とは?成功させ得られる効果を紹介

記事作成日:2019/09/05

記事を書いた人
シードアシスト

シードアシスト

企業が作るバイラル動画とは?成功させ得られる効果を紹介

動画コンテンツをスマホやパソコンで簡単に視聴できるようになったことで、企業がプロモーション活動に動画を利用するケースが増えています。しかし、動画を作るだけで企業のプロモーションが成功するわけではありません。企業のプロモーションを成功させるためには、多くのユーザーに動画を届ける必要があります。

 

プロモーションを成功へ導くために、ユーザーによる拡散を狙ったタイプの動画が、バイラル動画です。

 

この記事では、「バイラル動画の概要」や「企業に与える効果」「バイラル動画を作るためのポイント」についてご紹介します。

 

1.バイラル動画とは?

「バイラル(Viral)」とは、ウイルス性という意味の英単語です。「バイラル動画」は、ウイルス感染が人を媒介して急速な広がりを見せるように、多くの人々に視聴される動画コンテンツ意味します。

 

「強いインパクトを与える動画」や「思わず他の人に教えたくなる動画」は、バイラル動画として口コミやSNSで拡散されるため、企業のプロモーションに効果的です。なかでも、「視聴者の心に響く感動的な動画」や「視聴者の笑いに繋がる動画」は、バイラル動画として拡散されやすい傾向があります。

 

バイラルと似た用語に「バズ」がありますが、コンテンツが広がる手段という点において、意味が異なる言葉です。

バイラルはコンテンツが拡散する手段として、インターネットに限定している一方で、バズはインターネットに限らず、あらゆる方法で、瞬間的に話題を集めることを指します。

1-1.バイラル動画が企業に与える効果

バイラル動画が、企業に与える効果は様々です。企業が作るバイラル動画が拡散された場合、以下のような3つのメリットが期待できます。

 

①幅広い層への認知が期待できる

バイラル動画は、口コミやSNS、ブログ記事を通じて広がるため、テレビを見ない人を含む幅広い層への認知が期待できます。若者に人気のSNSで拡散されるバイラル動画を制作することで、テレビCMではリーチできない層にも認知を広めることが可能です。

 

②高いブランディング効果が得られる

バイラル動画で企業が得られるメリットの一つとしてはブランディング効果の高さが挙げられます。ブランディングとは、企業に対する肯定的なイメージをユーザーに持たせるための施策です。視聴者の心を動かすバイラル動画は、ユーザーから好印象を持たれやすく、企業のブランディングに繋がります。

 

③低コストでプロモーションできる

バイラル動画は、口コミやSNS、ブログ記事などを通じて拡散されるため、広告費の節約が可能です。制作した動画が一般ユーザーを介した拡散に成功すると、広告に大きな費用を掛けることなく、動画の制作費用だけで、ユーザーに企業や商品を認知してもらえます。

2.バイラル動画を作るための3つの要素

幅広いユーザーに拡散できるバイラル動画を作るために必須な要素として、以下の3つがあります。

・高い独自性がある
・インパクトがある
・内容に共感できる

バイラル動画では上記の3要素を全て含むことが理想ですが、最低限どれか一つの要素が際立っていることで、バイラル動画として拡散される可能性があります。

 

ここでは、バイラル動画の成功に欠かせない3つの要素について、具体的な動画のタイプを交えて解説します。企業のイメージアップのためにバイラル動画を制作したい方は、ぜひ参考にしてください。

 

2-1.独自性が高い

「独自性が高い動画」とは、他とは異なる特徴・魅力がある動画のことです。具体的には、次のようなタイプの動画には、独自性があると言えます。

・誰もしたことのない新しい試みにチャレンジしている動画
・あえて主流的な動画手法を用いない動画

動画の内容だけではなく、映像の見せ方・演出を工夫することで、独自性が高められます。例えば、テレビCMとして放送されるような高画質で趣向を凝らした演出の動画をあえて作らず、手作り感のある動画を制作することで、独自性を打ち出すことが可能です。

 

ただし、既存の独自性のあるバイラル動画に似せて動画を制作すると、独自性が失われ、バイラル動画として成功を収めることが難しくなります。独自性のあるバイラル動画として拡散されるためには、他の動画を真似しないことが大切です。

2-2.インパクトがある

インパクトがある動画」とは、視聴者に驚きを与える動画のことです。具体的には、次のような動画が、視聴者に驚きを与え、拡散に繋がります。

・視聴者に恐怖感を与えるホラー動画
・視聴者に新たな発見を与える実験動画

視聴者にインパクトを与え、記憶に残すためには、予想を良い意味で裏切る内容とする必要があります。例えば、ホラー動画や実験動画では、視聴者の予想を超える内容の動画を作りやすいといえます。

 

ただし、視聴者に強い恐怖感を与える動画はインパクトがある反面、ネガティブな印象に繋がりやすいため、注意が必要です。

2-3.共感できる

「共感できる動画」とは、視聴者の心を動かす動画のことです。具体的には、次のような動画が視聴者の共感を呼びます。

・視聴者が表に出しにくい意見を代弁するような動画
・心温まるような感動的なストーリーの動画

視聴者が動画を見たことにより、感動的なストーリーで心を動かされると、その感動を他の人にもシェアしたいと考えます。人を介して拡散するバイラル動画として成功するためには、視聴者の共感・感動を得られるコンテンツを制作することが効果的です。

 

また、人間には自分が表に出さない意見・感情を誰かに伝えたいという欲求があります。つまり、普段は隠している本音を表に出したいという欲求です。そのため、聴者が表に出しにくい気持ちを表現する動画も、バイラル動画として拡散が期待できます。

3.バイラル動画として成功させるポイント

制作した動画コンテンツをバイラル動画として成功させるポイントは、以下の通りです。

・適切なメディアに投稿する
・影響力の高い人にシェアしてもらう
・旬のイベントに絡ませる

 

面白い動画や独自性の高い動画を制作しても、投稿するメディアやタイミングを誤ると拡散しづらくなります。ターゲットとなるユーザーに拡散されるためには、最適な方法・タイミングで動画を公開する必要があります。

3-1.動画の内容に合わせて投稿するメディアを選ぶ

バイラル動画として成功を収めるためには、動画の内容に合わせて適切なメディアに投稿することが大切です。ターゲットとなるユーザーがよく見ているメディアに投稿することで、認知度アップの可能性が高まります。

 

例えば、ファッション系のバイラル動画であれば、流行に敏感な若いユーザーが利用する写真系SNSが最適です。面白い動画や感動系の動画では、幅広い年齢層に拡散させるために、ユーザー数が多い拡散系SNSや動画共有サービスが適しています。
動画のテーマが、どの媒体に適しているのかを見極め、投稿先を選ぶことが、動画を効果的に拡散させるためのポイントです。

3-2.有名人・インフルエンサーにシェアしてもらう

有名人やインフルエンサーと呼ばれる影響力の高い人に、動画をシェアしてもらうことで、バイラル動画が成功する確率が高まります。SNSのフォロワー数が多い人に動画が紹介されると、一気に多くの人に拡散されるため、短時間でバイラル動画として成功する可能性が高いです。

 

有名人やインフルエンサーに動画をシェアしてもらうためには、彼らに動画のPRを依頼する必要があります。また、ターゲット層から人気の高いタレントを動画に起用することも、有名人によるシェアを得るために、効果的な方法です。

3-3.旬のイベントに絡ませる

動画コンテンツをハロウィンやクリスマスなどの世界的な季節イベントと絡ませることで、日本だけではなく世界に向けた拡散に繋がります。オリンピックやワールドカップなどの国際的な大会と動画コンテンツを絡ませることも拡散には効果的です。

 

また、その年に開催されたイベントの終了後も動画タイトルやサムネイルを更新することで、翌年以降も同じイベントで再び注目を集めて、再拡散できる可能性があります。一度制作したコンテンツを期的にバイラル動画として拡散させ続けるためには、旬のイベントに関連付けることがおすすめです。

まとめ

動画コンテンツをバイラル動画として成功させることにより、企業は少ないコストで高いブランディング効果が期待できます。しかし、成功するバイラル動画を制作するためには、独自性・インパクト・共感できる内容といった要素が欠かせません。

 

ユーザーの心に響く動画を制作し、バイラル動画として拡散させるためには、動画制作のプロに力を借りることが、有効な方法です。
動画制作会社の力を借りることで、プロの撮影・編集技術を利用できるだけではなく、自社ビジネスに有効な動画によるブランディング戦略についてのサポートも受けられます。

 

バイラル動画の制作を検討中の方は、動画制作会社によるサポートを検討してはいかがでしょうか。

Contact
お問合わせ

映像で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。