直接会わない!リモートでの動画制作の流れをご紹介|動画制作を大阪でお探しなら映像制作のシードアシスト

コラム

Column

コラム

コラム記事

直接会わない!リモートでの動画制作の流れをご紹介

記事作成日:2021/02/19

記事を書いた人
Rina Kimura

Rina Kimura

何につけても非接触が叫ばれる昨今。対面でお会いするのが厳しい…

そんな中でも営業活動を止めるわけにはいきません。

製品の紹介・サービスの紹介などは、「動画」を作成してはいかがでしょうか?

お手元に商品の写真や動画、説明用の図やイラストなどをお持ちなのではないでしょうか?

 

非接触で宣伝できる動画を非接触で作ることが可能です!

 

問い合わせから納品まで、具体的な内容をご紹介いたします。

 

01.問い合わせ

まずはお問い合わせください。

その際に、どんな製品紹介、サービス紹介動画が作りたいのか具体体なイメージができていると話がスムーズです。

参考動画などをYoutubeで検索してみたらイメージのモノが見つかるかもしれません。

 

02.オンライン打ち合わせ

お問い合わせ頂いた内容を具体的にヒアリングさせていただきます。

電話、もしくはZoomやSkype等のWeb会議ツールでオンライン打ち合わせをさせていただきます。

 

03.お見積り

打ち合わせで、具体的な完成イメージを共有させていただきましたら、

まずはお見積りをご提示させていただきます。

 

04.発注

見積もり後、ご発注いただきましたら制作スタートとなります。

 

 

05.企画構成

具体的な動画イメージを設計図である「構成台本」に起こしていきます。

この際に、お手元にすでにお持ちの動画・写真・図・イラストなどのデータが必要になりますので、準備しておきましょう。

 

 

06.構成の確認

構成台本は編集前に必ず確認します。内容に問題がないか、希望に沿ったものになっているか確認しましょう。

 

07.編集

構成が確定したら、お預かりした素材を構成に沿って編集を行っていきます。

 

08.編集の確認

編集が出来上がりましたら、オンライン上でご確認いただけるように

弊社では「Vimeo」という動画アップロードサイトを利用して確認動画をご視聴いただいております。

レビューツールを利用して、動画上に直接コメントを書き込んで修正依頼を行うことが可能です。

 

(オンラインナレーション収録)

編集のみの映像制作の場合は、編集の確認→修正を加えれば納品となりますが

ナレーションがある場合は、編集ができあがりましたらナレーション収録を行います。

ナレーション収録では、ZOOMを使用して、ご自宅からナレーション収録に立ち会っていただくシステムを構築しております。

ご自宅にいながらプロナレーターの収録に立ち会っていただくことができます。

 

09.納品

編集の修正や収録も出来上がりましたら、最終確認いただいて動画の納品となります。

動画はデータでの納品(MP4推奨)をギガファイル便などのストレージサービスを使用して送付させて頂きます。

受け渡しの際も、データですので接触することはありません。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

動画制作は、「モノ」ではないので、対面せずとも制作することが可能です。

直接お客様にお会いできない今だからこそ、動画を活用して「製品」「サービス」の魅力をお伝えできる

動画を制作してみてはいかがでしょうか。

 

 

Contact
お問合わせ

映像で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。

シードアシストは大阪を中心に、見る人に"本当に響く動画"を
「マーケティング」「ブランディング」視点の映像制作で提案している会社です。

テクノロジーは絶えず進化し、技術革新と共に動画はより身近なコンテンツとなりました。
近年、ますます世の中に溢れる映像コンテンツ。シードアシストは大阪の南森町から映像制作を通じ、常にクライアントに寄り添い、課題を解決するための「ソリューションとしての映像創り」という姿勢を大切にして参りました。
動画制作を始めた2012年よりずっと変わらないポリシーの基、今日も動画をお作りしています。
お陰様で、現在シードアシストでは年間220本の動画制作実績をご依頼いただいております。