様々な撮影機材|動画制作を大阪でお探しなら映像制作のシードアシスト

コラム

Column

コラム

コラム記事

様々な撮影機材

記事作成日:2017/07/26

記事を書いた人
シードアシスト

シードアシスト

様々な撮影機材

映像業界は成長のスピードがとても早く、様々な撮影機材が生み出されています。

スライダー

一眼レフカメラでの撮影が増えたように、徐々に機材の大きさがコンパクトになったことで

普及したように思えるこのスライダー。

どのような映像が撮影できるのかと言うと…

このような左右の動きがある映像が撮影することができます。

人の動きに合わせて左右に動かしたり、動きのない物を撮影する時に動きをつけることができたりと

様々な場所で活躍します。

クレーン

クレーンというとかなり大きな規模の物を想定されるかと思いますが、

小規模の撮影からでも小さめのクレーンなどは導入されています。

どのような映像が撮影できるのかと言うと…

このような上下左右に動く映像が撮影することが可能になります。

三脚よりも高い位置の撮影ができる為、大勢の人たちの俯瞰の撮影とかも面白いかもしれませんね!

ジンバル

少し前から流行っているジンバル、

この機材を使うことによって、歩行者や車と併走しての撮影や

一連の流れを1カットの長回しで撮影するなどの撮影が可能になりました。

こちらの機材でどのような映像が撮れるのかというと…

このように動き回った撮影が撮影することが可能になります。

ドローン

今や知らない人はいないんじゃないかと思うくらいメジャーになっているドローン。

ご存知かと思いますが、この機材では空撮が以前に比べて遥かに安く撮影することができるようになりました。

さて、ドローンではどのような映像が撮れるようになったかといいますと…

このような撮影が可能になりました。

一昔前のクリエイターからすると革命ですね…!

このように、

色々な機材をご紹介させてもらいましたが、この他にも撮影機材はいろんな種類な物があります。

その機材をうまく活用することで映像のクオリティをぐっと上げることができますので

シードアシストで映像制作のご依頼を頂く際には、

ご希望するイメージをお伝え頂ければ、最適な撮影手法をご提案させて頂きます!

ぜひ様々なご相談をお待ちしております!

Contact
お問合わせ

映像で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。

シードアシストは大阪を中心に、見る人に"本当に響く動画"を
「マーケティング」「ブランディング」視点の映像制作で提案している会社です。

テクノロジーは絶えず進化し、技術革新と共に動画はより身近なコンテンツとなりました。
近年、ますます世の中に溢れる映像。シードアシストは大阪の南森町から映像制作を通じ、常にクライアントに寄り添い、課題を解決するための「ソリューションとしての映像創り」という姿勢を大切にして参りました。
映像制作を始めた2012年よりずっと変わらないポリシーの基、今日も動画をお作りしています。
お陰様で、現在シードアシストでは年間220本の動画制作実績をご依頼いただいております。