動画広告制作|年間実績220本以上 大阪の映像制作・動画制作会社 シードアシスト

トピックス

Topics

映像・動画トピックス

映像・動画トピックス記事

動画広告制作

記事作成日:2019/05/07

会社が自社商品を宣伝したい時、テレビCMは有効ですがそれにはかなりのお金がかかってしまいます。最近ではネットの中に多くのツールがあるので、動画広告制作を業者に頼み、それをネット上に流す方が安価で済みます。この方法を使えば商品が世に広まるので、売上を上げる最初のステップである「消費者に認知してもらうこと」が完了します。

 

クオリティの高い動画広告制作をするならば、業者選びは慎重に行いましょう。おすすめなのは、年間にどれくらいの本数の動画制作をしているかを調べることです。これは、ただ数が多いから安心というわけではなくて、それだけ依頼が来るという信頼を得ている業者だとわかるからです。クオリティが低く納得がいかないなら年間の制作数もおのずと少なくなるはずです。

 

どんなイメージで動画広告制作をしてほしいか、ここはある程度決まっていた方が良いです。業者に丸投げしてしまうこともできますが、業者としては内容や流れが決まっていた方がやりやすいからです。ある程度作った後で修正が入ったりすると時間が掛かりますし、一からプロセスを作るのは骨が折れるからです。簡単なのは、似たイメージの広告を実際に見てもらうことです。

Contact
お問合わせ

映像で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。