商品動画を制作する3つのメリットと制作時のポイント|年間実績220本以上 大阪の映像制作・動画制作会社 シードアシスト

コラム

Column

コラム

コラム記事

商品動画を制作する3つのメリットと制作時のポイント

記事作成日:2019/05/10

記事を書いた人
シードアシスト

シードアシスト

商品動画は、販売商品や提供サービスの広告として、近年多くの企業が採用している宣伝手法です。

 

動きのある映像は印象に残りやすく、文字を読むことに比べて楽に閲覧できます。
しかし、やみくもに動画を制作するだけでは商品の魅力を伝えることはできません。制作時のポイントをしっかり押さえていなければ、全く宣伝効果のない動画となってしまう可能性もあります。

 

そこで今回は、商品動画を制作するメリットをはじめ、制作時のポイントや制作にかかる工数までを詳しくご紹介します。

商品動画を制作する3つのメリット

 

商品動画を制作するにあたって、静止画や文章で紹介する際との違いを理解していなければ、ユーザーから興味を持ってもらえるような商品動画を制作することはできません。
適切な商品動画を制作するためには、「なぜ商品動画がおすすめなのか」を知っておく必要があります。

 

そこでまずは、商品動画を制作する3つのメリットについてご紹介します。

 

文字・写真よりも分かりやすく簡潔に伝えることができる

商品の使い方や良さを文字や写真で伝えることはできますが、アピールポイントの多い商品では長文になりやすく、重要なポイントが伝わりにくいといったデメリットがあります。
文字を読むことが苦手な方が広告を見た場合、最後まで読んでもらうことは難しいでしょう。

 

しかし、動画であれば短時間で必要な情報を簡潔に且つ、しっかりと伝えることができます。
人は動きのない文字や写真に比べ、使い方や実演の様子を見ることができる動画の方が印象に残りやすい傾向があるため、購入意欲の向上により繋げやすくなるでしょう。

 

また、ソフトウェアや精密機器などの商品を取り扱うBtoB企業には、文字や写真では伝わりにくい商品の説明に最適な広告として利用されるケースもあります。

 

幅広い層に商品をアプローチすることができる

動画は言葉だけでなく動きで表現できるため、以下のような方にも効果的です。

 

・ひらがなや漢字の読めない子供
・日本語がわからない外国人
・小さな文字や長文を読むことが難しい高齢者

 

幅広い層に商品の良さをアプローチできるという点は、商品動画の大きなメリットとなります。

 

また、商品動画はインターネットが使用できる環境や端末があれば、誰でも見ることができます。さらに近年ではスマートフォンの普及により、幅広い世代の方がインターネットを利用しているため、多くの商品ジャンルにおいて、インターネット広告における商品動画は有効的な手法だと言えるでしょう。

 

購入後の「期待値のズレ」を軽減することができる

文字や写真による広告は、商品の見た目は把握できるものの、使用感や雰囲気を伝えることはできません。その結果、「広告で見た商品とイメージが違った」と購入者からのクレームに頭を抱える営業担当者は多いでしょう。

 

しかし、動画による広告は商品の形や使用感、実際に使用する雰囲気などの細かい情報を伝えることができるため、商品に対する理解度を高めることができます。結果として、購入後の期待値のズレを軽減することができます。

商品の魅力を最大限にアピール!商品動画を制作する際のポイントとは

 

文字や写真の広告に比べてメリットの多い商品動画の制作には、いくつかのポイントがあります。まずは最後まで見てもらえる動画を作ることが重要であり、購入意欲を高められる内容に仕上げることが大切です。

 

コンテンツマーケティングでは、制作において重要なポイントをしっかりと理解して、商品の魅力を最大限にアピールできる動画制作を行いましょう。

 

ここからは、商品動画を制作する際の3つポイントについてご紹介します。

 

再生時間は2~3分程度がベスト

商品動画のメリットは分かりやすく簡潔に商品を紹介できることです。そのため、再生時間は2~3分程度がベストでしょう。

 

ちなみに、再生時間1分の動画を文字数に換算した場合、180万文字分の情報量と同等の内容を伝えることができると言われています。視聴者に伝えたい内容を明確にすることができれば、短い再生時間で十分な情報を伝えることができるでしょう。

 

また、複数の動画に分けるのではなく全編再生であれば、最初から最後まで視聴してもらえる可能性が高くなります。とは言え、誰もが2~3分程度の動画を最後まで視聴するとは限らないため、全編と短編の2パターンを用意することをおすすめします。

 

アピールしたい商品のイメージに合わせた演出を心掛ける

商品の魅力を最大限にアピールするためには、「商品のイメージに合わせた演出」が重要です。
「どんなときに使えるの?」「本当にそんなことができるの?」など、視聴者の心を掴み取る演出ができれば、最後まで見てくれるだけでなく、購入意欲も高めることができるでしょう。

 

また、「〇〇に悩んでいませんか?」といった疑問定義や、「○○を使えば解決できる!」といった問題に対する結果の紹介にも効果的です。
他にも、ストーリー性のある内容や動画のデザイン性を高めるなどの工夫を施すことで、視聴者が見たいと思える動画に仕上げることができるでしょう。

 

冒頭の5秒間に商品の魅力を8割入れる

前述したとおり、近年ではスマートフォンでインターネットを利用する方が増加しました。気軽に手に取れるスマートフォンは、通勤途中の電車の中など、さまざまなシーンで利用されています。
あと数分で電車を降りなければならない、そんな状況の中、余裕を持って2~3分の商品動画を見ることはできません。
このように、最後まで視聴できない状況だったとしても、ふと目に入った動画の冒頭数秒間にインパクトを受ければ、「後で見てみよう」と思う方も多くいるでしょう。

 

そのため商品動画では、冒頭の5秒間に商品の魅力を8割入れるといった構成がおすすめなのです。

 

冒頭の5秒間にインパクトを与えるためには、以下のような内容を入れると良いでしょう。

 

・その商品を使用した「ゴール」となる部分
・その商品を使用している瞬間の映像

 

商品によって「魅力」となる部分やアピールポイントはそれぞれ異なります。商品毎に最適な手法で、インパクトのある商品動画を制作しましょう。

商品動画の制作に掛かる工数について

 

商品動画の制作にあたり、まずは企画や構成を考える必要があります。動画制作の目的やターゲットを明確にする、視聴者の興味を引く雰囲気などの企画・構成を考えることから始めていきます。

 

企画・構成がまとまった後は、いよいよ撮影です。場合によってはロケーション撮影も必要になることがあるため、スケジュールを調整します。

 

撮影が終わると、次は編集作業です。撮影した動画から使用カットを選定して、テロップやアニメーションを追加して仕上げていきます。

動画制作のポイントや工数を押さえた上で依頼するなら

初めて商品動画の制作を行う場合、「どうすれば商品の魅力をより伝えることがきるのか」「ユーザーの購入意欲を高めるにはどうすれば良いのか」など、不明な点も多くあるでしょう。

 

シードアシストでは、動画制作のポイント押さえた上で、それぞれの商品に合わせた最適なご提案をさせて頂きます。
年間220本以上の動画制作実績があり、これまでの経験やノウハウを活かして、お客様に寄り添いながら商品動画の制作を行います。
映像だけではなく音声専門のスタッフも在籍しているので、音に関する演出もお任せください。

まとめ

商品動画の制作は簡潔に商品の魅力を伝えることができるため、文字や写真のみの広告に比べて多くのメリットがあります。購入後の期待値のズレを軽減することもできるため、購入後のクレームを防ぐことにも繋がります。

 

動画制作に不安を感じる方は、動画制作会社のサポートを受けながら、理想的な商品動画を制作できるように進めていくと良いでしょう。今回の内容を参考に、是非ともさまざまなマーケティングに活用できる商品動画を制作してみてはいかがでしょうか。

Contact
お問合わせ

映像で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。