動画制作を依頼するときのコツ|ポイント・注意点・メリットを紹介|動画制作を大阪でお探しなら映像制作のシードアシスト

コラム

Column

コラム

コラム記事

動画制作を依頼するときのコツ|ポイント・注意点・メリットを紹介

記事作成日:2020/06/03

記事を書いた人
シードアシスト

シードアシスト

動画制作を依頼するときのコツ|ポイント・注意点・メリットを紹介

サービスや商品のPR・ブランディング・説明のために、動画を活用する企業が増えています。スマートフォンの普及や5Gサービス(第5世代移動通信システム)のスタートなどをきっかけに、動画制作を検討している企業も多いのではないでしょうか。

ただし、動画制作を依頼する際には、注意すべき点もあります。最近では多くの企業が動画プロモーションを活用しているため、効果的な対応をしなければターゲットとするユーザーに視聴されない可能性も少なくありません。

当記事では、動画制作を業者に依頼するときのコツから、依頼時のポイント・注意点を解説します。また、動画制作を依頼することで得られるメリットについても紹介するため、動画制作を検討している人は、ぜひ当記事をご覧ください。

 

1.動画制作を依頼するときの準備とコツ

動画制作を依頼するときの準備とコツ

マーケティングやブランディングのために動画制作をする場合、準備をしないまま動画制作を進めてしまうと、意図したものが出来上がらなかったり、見てほしい人に見てもらえなかったりする可能性があります。

マーケティングやブランディングの効果を高めるためにも、動画制作を依頼する際には、以下のコツを実施することが重要です。

 

●目的をはっきりさせる

動画制作を依頼するときは、まずは動画を制作する目的をはっきりさせましょう。以下の項目を明確にしておくと、動画を制作する際に具体的な企画やアイデアが生まれやすくなります。

  • 誰に見てもらいたいのか
  • いつ、どんな時に見てほしいのか
  • 見た人に何を伝えたいのか
  • どんな風に感じてほしいのか

また、「インパクト重視にするのか」「高級感を目指すのか」なども明確にしておくことで、動画の方向性も決まりやすくなるでしょう。

 

●メッセージは1つにする

動画で伝えるメッセージは、1つにしましょう。なぜなら、短時間の動画にたくさんの情報を詰め込むと、結局何が伝えたいのかが分かりづらくなるためです。

また、メッセージを詰め込むあまり、動画が長くなってしまう可能性もあります。長時間の動画は敬遠される可能性が高く、「長い」というだけで再生ボタンさえ押してもらえないことも珍しくありません。

 

●参考動画を用意する

動画制作を依頼する際、参考動画を用意しておくと、意向・イメージの共有がしやすくなります。既存の動画で描いているイメージに近いものがあれば、言葉で説明するよりも制作会社に参考動画を見てもらったほうが食い違いが生じにくいです。

動画制作を依頼するときは、まずは上記のコツを把握し、万全の準備を整えておきましょう。

 

2.動画制作を依頼するときのポイント・注意点

動画制作を依頼するときのポイント・注意点

動画制作を依頼するときは、依頼のための準備を整える他、動画制作を依頼するときのポイント・注意点を知っておくことも大切です。しかし、具体的にどのような点に注意すればよいか分からないという人も多いでしょう。

ここでは、動画制作を依頼するときのポイントと注意点について、それぞれ詳しく解説します。動画制作を依頼する際には、ぜひ活用してください。

2-1.【ポイント】制作会社の選び方を知ること

動画制作を依頼する際、制作会社の選び方についても把握しておく必要があります。

制作会社ごとに強みや特徴、利用料金は異なります。制作会社であればどこに依頼してもよいというわけではありません。また、せっかく制作会社に動画制作を依頼しても、効果やメリットを十分に受け取ることができないため、自社の状況や目的に合った業者を選ぶことが重要です。

動画の制作会社を選ぶときのポイントには、以下の3つが挙げられます。

 

●費用

まずは、制作会社のホームページでの料金表やプラン例などをチェックして、自社の予算内で注文できるかどうかをチェックします。どんなに魅力的な制作会社であっても、予算オーバーなら注文することもできません。

制作会社によって、動画制作の費用相場は大きく変わります。10倍以上もの差が生じることもあるため、複数の業者に見積りを依頼したり、見積書の費用項目の内訳を開示してもらったりすることがおすすめです。

 

●納期

希望の納期に間に合わなければ、そもそも動画を制作する意味がなくなってしまいます。

たとえば、新卒採用説明会の際に流す会社紹介の動画を制作する場合、会社説明会の日程までに動画を完成させる必要があります。しかし、会社説明会の日程までに依頼していた動画が完成していなければ、急遽会社説明会で行う内容を変更するといったトラブルが起こることも否定できません。

納期を間に合わせるためには、動画制作のスケジュールの把握・確認が重要なポイントとなります。

 

●制作実績

制作実績を確認することも、制作会社を選ぶうえで重要なポイントです。制作実績を確認することで、動画のテイストや制作会社の特徴などを知ることができます。

動画内でPRする商品などの特徴や、目標とするターゲット層などを踏まえて、目的に合致した制作会社を選ぶことがポイントです。

 

2-2.【注意点】スケジュールを把握すること

制作会社が納期に間に合うようにきちんと仕事を進めてくれているかどうかを確認するためにも、スケジュールの把握を行いましょう。

動画の規模や内容によって異なりますが、動画制作はおおむね次のような流れで進行します。

  • ①制作会社との打ち合わせ
  • ②企画のプレゼンや台本作り
  • ③動画の内容の決定
  • ④動画撮影
  • ⑤動画の編集・ナレーション録音
  • ⑥デモ動画のチェック
  • ⑦修正
  • ⑧完成

最終的な完成を納期に間に合わせるためにも、なるべく細かくチェックポイントを用意し、状況を把握できるようにしましょう

また、スケジュールを決定する段階で修正や突発的なトラブルを想定し、余裕を持ったスケジューリングを組んでおくことも大切です。

3.動画制作を依頼するメリット

動画制作を依頼するメリット

近年、スマートフォンでも手軽に利用できる動画編集のフリーソフトや、スマホアプリが流通するようになりました。そのため、動画制作は自社でも行うことができます。

では、あえて動画制作を依頼することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。動画制作を依頼するメリットは、以下の通りです。

  • 質の高い動画を制作できる
  • 手間をかけずに効率的に動画制作ができる

動画制作を依頼することで、高品質な動画を制作してもらうことができます。
高画質なカメラが市販で流通しているとはいえ、プロ用の撮影機材と比較すると画質・音質・性能の違いは明らかです。また、制作会社ならではの編集技術によって、さらに魅力的なコンテンツに仕上がります。

このように、自社のサービスや商品をより魅力的に映してくれる点が、制作会社に依頼する大きなメリットです。

また、視覚的に分かりやすく簡潔な動画を制作してもらえる点も、制作会社に依頼するメリットといえます。作りたい動画のイメージがあっても、動画制作に慣れていない人がイメージ通りに動画を制作することは簡単なことではありません。

しかし、制作会社に動画制作を依頼した場合、イメージ通りに動画作りを行うことができるため、映像表現のための試行錯誤に時間を取られません。

慣れない動画編集や企画構成などに時間を費やすよりも、本業の基幹業務に集中したほうが業務効率や生産性も向上するでしょう。

まとめ

動画制作を依頼するにあたり、まずは動画制作の目的を明確することが重要です。はじめに目的をはっきりさせておくことで、映像の方向性も詳しく伝えることができ、イメージと完成後の動画のブレがなくなります。

また、動画制作を依頼するときのポイントや注意点についても事前に把握しておくことで、不足なく高品質な動画を制作してもらうことが可能です。

動画制作は、自社で行うこともできます。しかし、動画制作を依頼することには、多くのメリットがあります。動画制作をしたいと考えている人は、今回の記事を参考に、制作会社の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

Contact
お問合わせ

映像で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。

シードアシストは大阪を中心に、見る人に"本当に響く動画"を
「マーケティング」「ブランディング」視点の映像制作で提案している会社です。

テクノロジーは絶えず進化し、技術革新と共に動画はより身近なコンテンツとなりました。
近年、ますます世の中に溢れる映像コンテンツ。シードアシストは大阪の南森町から映像制作を通じ、常にクライアントに寄り添い、課題を解決するための「ソリューションとしての映像創り」という姿勢を大切にして参りました。
動画制作を始めた2012年よりずっと変わらないポリシーの基、今日も動画をお作りしています。
お陰様で、現在シードアシストでは年間220本の動画制作実績をご依頼いただいております。