採用動画の導入で得られる効果|活用事例・制作のコツも紹介|動画制作を大阪でお探しなら映像制作のシードアシスト

コラム

Column

コラム

コラム記事

採用動画の導入で得られる効果|活用事例・制作のコツも紹介

記事作成日:2021/09/15

記事を書いた人
シードアシスト

シードアシスト

シードアシストでは、“伝わる映像”を「マーケティング」「ブランディング」視点で見る人に本当に響く映像制作をご提案いたします。 映像で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。
採用動画の導入で得られる効果|活用事例・制作のコツも紹介

業種や職種によっては慢性的な人手不足が囁かれる現代の求人において、採用ページの文字や数点の写真のみで自社に興味を持ってもらうことは困難です。より多くの応募者を集めるためには、採用動画の制作が欠かせません。

しかし、採用担当者の中には、「わざわざ動画にするメリットはあるのか」「自社の何を動画にするべきか分からない」と悩んでいる人もいるでしょう。

そこで今回は、採用動画の効果や活用事例、採用動画を制作する際のコツを紹介します。採用動画の導入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

1.採用動画の導入で得られる効果とは?

近年、多くの業界で売り手市場が続いており、求職者と企業の間でミスマッチが生じるケースが増加傾向にあります。求職者側はできる限りミスマッチを防ぐために企業情報を細部まで調べたうえで応募していますが、防止効果は十分とは言えません。

そのため、企業側も単純に応募者数を増やす施策のみではなく、ミスマッチによる早期離職や内定辞退を防ぐ工夫が必要です。対策の1つとして、近年は求人サイトなどのコンテンツに採用動画を導入する企業が増えつつあります。

求職者と企業のミスマッチを防ぐ採用動画の導入には、以下に挙げる4つの効果も期待できます。

1-1.言葉では理解しにくい情報を伝えられる

採用動画の最大のメリットは、ニュアンスや一連の動きなど言葉では伝わりづらい要素を表現できることです。たとえば、オフィス・現場で働く人の雰囲気や具体的な業務内容は、文字や写真のみでは正確に伝えることが容易ではありません。

しかし、採用動画はオフィス・現場で働く人々の声や雰囲気も伝わるため、求職者に採用後の自分自身をイメージしてもらいやすくなります。

また、事業情報や組織情報など企業についての内容はもちろん、取り扱っている商品・サービスについても細部まで正確に伝えることができます。

1-2.ライバル企業との差別化を図りやすい

採用動画を導入する企業が増えつつあると言っても、すべての同業者が既に活用しているとは限りません。ライバル企業が採用動画を未だ導入していない場合、差別化できます。

複数社が似たような事業で同等の待遇や応募資格を提示していても、採用動画でより多くの情報を提供できるため、自社に注目が集まりやすくなります。文字や写真のみで伝える場合と比べて求職者の記憶に強く残り、応募者増加にもつながるでしょう。

1-3.ターゲット層に直接届けることができる

現代の若年層はインターネット環境が生活基盤の一部となっており、動画は重要な情報源の1つです。新卒者や第二新卒者など若年層の求職者を求めている場合、採用動画のほうがコーポレートサイトや求人広告よりも効率良くアプローチできます。

更にSNSで拡散でき、ターゲットに近い層を中心に認識される可能性もあります。

また、若年層に限らず幅広く求職者を募集したい企業も、採用動画の導入はおすすめです。時代に適したツールを活用することで、柔軟性や活力にあふれた企業イメージのアピールができます。

1-4.企業をPRすることができる

採用動画は求職者以外の目にも触れやすく、人材確保の他に企業のブランディング効果も期待できるアプローチ方法です。

文章や写真のみのPRにはない、動画作品は効果音やテーマソングなど音による演出や動きによる変化も加わります。一般的なテレビCMにおいても、リズムやダンスで企業・商品を覚えるように、採用動画で企業名やイメージを視聴者の記憶に残すことは不可能ではありません。

内容がストーリー仕立てのものや、面白いと思ってもらえるものであれば、一層強くイメージが残ります。

2.【種類別】採用動画の活用事例4選

採用動画は業種や職種問わず制作することができます。盛り込むコンテンツや演出の違いによって視聴者へ与える印象は大きく異なり、スタイリッシュなものからアットホームなものまで、内容は多種多様です。

ここでは、採用動画の導入で成功した4社の事例を紹介します。

2-1.企業のアピール動画

事業情報や実際のオフィス・現場の光景など、企業をPRするための動画です。動画に合わせて淡々と解説するタイプの他、企業によってはエンターテイメント性を重視したものも制作されています。

たとえば、オリジナルの歌や音楽で事業を解説したり、アニメーションを取り入れたりと、1つの作品として楽しめる内容です。他にも社員全員でパフォーマンスを行うなど、求職者に親近感を持ってもらえる構成の採用動画もあります。

明るく活発なイメージの動画を制作することで、社員のいきいきとした様子や企業の盛り上がりが伝わり、仲間に加わりたい・入社したいと思ってもらえます。

2-2.インタビュー動画

採用動画を視聴する求職者に、入社後の自分自身をイメージしてもらうために役立つコンテンツが、インタビュー動画です。仕事のやりがい・魅力や一緒に働く人、社内の雰囲気などを社員が当事者目線で語るため、淡々とした説明よりも伝わりやすくなります。

また、複数の部門や立場の社員に出演してもらうことで、どのような雰囲気の人が働いているのか、言葉では表現が困難な部分も理解してもらえるでしょう。

あらかじめ採用動画で社内の人材の雰囲気を伝えることにより、似たような雰囲気の求職者が集まりやすく、入社後のミスマッチ防止にもつながります。

2-3.説明会動画

従来の企業説明会は、会場を用意して参加者を一か所に集めなくてはなりませんでした。しかし、近年はインターネット上でオンライン説明会を開催する企業が多く、移動時間や交通費を心配する必要なく参加できると求職者からも好評です。

従来の会場を用意する方法では、帰りの電車や飛行機の時間を心配して途中退席せざるを得ない参加者も少なくありませんでした。しかし、説明会動画を制作することで、企業側も途中退席されるリスクを軽減できます。

2-4.面接動画

企業側からではなく、求職者側から動画を提出してもらう方法も取り入れられています。代表的な方法である面接動画は、求職者が自身のスマートフォンなどで動画を撮影し、面接の代用として求人に応募する仕組みです。

面接会場で採用担当者と向き合ってやり取りを行う場合と比べて、リラックスした状態で自身の強みをアピールしてもらえるメリットがあります。

3.効果的な採用動画を制作するためのコツ

採用動画を制作するにあたり、まずは制作するコツを把握しておく必要があります。重要なポイントを理解しない状態で動画を撮影すると、イメージどおりに仕上がりません。

効果的な採用動画を制作するために、事前に把握しておくべきコツは、下記の4つです。

  • 撮影する前に動画の目的を明確にする
  • 関係者全員で動画の目的やイメージを共有する
  • 動画の長さは5分を目安とする
  • オフィス内や働いている人の映像を盛り込む

採用動画を制作する前に、「どのようなシーン・媒体で使用するのか」「誰をターゲットとするのか」「動画でどのような反応を期待するのか」など、動画の目的を明確化しましょう。たとえば、企業説明会で流す動画とインターネット上にアップロードする求人用動画は、盛り込むべき内容が異なります。

明確化した目的やイメージは、必ず採用動画の制作に関わるすべての人と共有し、撮影や編集でコンセプトにズレが生じないように対策します。

インターネット上での企業説明を視野に入れている場合は、動画の長さも重要です。長すぎると途中離脱のリスクが高くなるため、5分程度を目安に盛り込む内容を絞り込みましょう。
また、オフィス内や働いている人の様子が分かるよう、短い時間内でも現場のリアルな雰囲気が伝わる映像を加えることも重要です。

専門の動画制作会社に依頼する場合は、納期や公開スケジュールと相談しつつ、上記のコツを踏まえて採用動画を制作してください。

まとめ

採用動画は、求職者に文字や写真では表現できない部分をダイレクトに伝えることができるメリットを持っています。近年は中小企業の中にも多くの活用事例があり、売り手市場となっている採用活動において欠かせない方法の1つです。

盛り込む内容や見せ方次第で、求職者とのミスマッチを防ぐ効果も期待できるため、思うように採用活動が進まない人は、採用動画の制作を検討してはいかがでしょうか。魅力的な採用動画は、企業ブランディングにも役立ちます。

本格的な採用動画の制作は、企画から編集作業、アップロードまで依頼できる制作会社への相談がおすすめです。