教育業界で動画が注目される理由|メリットと注意点も解説|動画制作を大阪でお探しなら映像制作のシードアシスト

コラム

Column

コラム

コラム記事

教育業界で動画が注目される理由|メリットと注意点も解説

記事作成日:2020/05/28

記事を書いた人
シードアシスト

シードアシスト

教育業界で動画が注目される理由|メリットと注意点も解説

現在、教育業界では動画を用いた学生募集・広報活動が、大きな注目を集めています。そのため、教育業界で活動する人の中には、動画を使った学生募集に挑戦したいと考えている人も多いでしょう。

そこで今回は、教育業界において動画が注目される理由・広報活動に動画を用いるメリットについて、解説します。さらに、教育業界の動画を制作するときのポイント・注意点や、実際の具体例について紹介するため、ぜひ参考にしてください。

 

1.教育業界において動画マーケティングが注目される理由

1.教育業界において動画マーケティングが注目される理由

動画マーケティングとは、動画を用いて商品やサービスの魅力を伝えて、顧客の獲得を目指すマーケティングの手法です。現在、教育業界でも学生募集に動画マーケティングが注目を集めています。

教育業界で動画マーケティングが注目を集める理由としては、以下の3つがあります。

  • 動画を視聴できるスマートデバイスが、広く普及しているため
  • 動画は、たくさんの情報を提供できるため
  • 動画は、研究内容を伝えやすいため

ここでは、上に挙げた教育業界で動画マーケティングが注目を集める理由について、詳しく解説します。

1-1.スマートデバイスが普及しているため

教育業界が動画に注目する1つ目の理由は、nます。かつて携帯電話で動画を見るためには、かなりの手間と時間が必要でした。

しかし現在は、スペックの高いスマホの普及とネット環境の充実により、自宅でも外出先でも手軽に動画を楽しむことが可能です。

その結果、多くの人にとって動画は身近なものとなり、教育業界は学生募集・広報活動の手段として動画を利用しています。

1-2.たくさんの情報量を提供できるため

教育業界が動画に注目する2つ目の理由は、膨大な情報量を動画は持つためです。1つの動画には、文字・画像・音声を詰め込むことができ、わずか1分間の動画にWebサイト3,600ページ分の情報を盛り込むことができると言われています。

膨大な情報量を詰め込めるため、高い広告効果を期待できる点が動画の魅力です。

さらに、学生募集や広報活動だけではなく、学生向け教材としても高い学習効果を期待できるため、ぜひ動画を活用してみてください。

1-3.研究内容を伝えやすいため

教育業界が動画に注目する3つ目の理由は、研究内容を伝えやすいためです。動画には膨大な情報量を詰め込めるため、複雑な内容の研究を分かりやすく正確に伝えられます。

学生募集の観点で見ても、研究内容を動画で紹介することには大きな意味があります。大学・大学院を選択するうえで、学校で行われている研究に興味を示す人は多い傾向です。
研究内容を分かりやすく動画で紹介することによって、学校の知名度や偏差値に左右されない学生募集が行えます。

2.教育業界の動画を制作するメリットは?

1-3.研究内容を伝えやすいため

教育業界が学校や研究のPRを目的として動画を制作する主なメリットは、以下の2つです。

 

〇 認知度のアップに繋がる
学校や研究の魅力を効果的に伝えられるため、認知度アップに繋がりやすいという魅力が、動画にはあります。

教育業界において認知度アップの手段として最も多用されるものは、パンフレットです。パンフレットには安価で広報活動を行えるメリットがある一方で、文字や画像だけでは学校の魅力を十分に伝えることが難しいというデメリットがあります。

しかし、文字や画像だけでは伝えきれないリアルな魅力を、動画は簡単に伝えることが可能です。また動画であれば、誰でも気軽に視聴できるため、幅広い層へのアピールが可能となります。

 

〇 難しいことを簡単に伝えられる
ニメーション・CG・ナレーションなどさまざまな表現手法を組み合わせられるため、難しい内容を簡単に伝えられるメリットが、動画にはあります。
文章だけで高度な研究の内容を人に伝えることは、容易ではありません。しかし、複雑な内容でもアニメーションやCGを使うことにより、分かりやすく伝えることが可能です。

3.教育業界の動画を制作するときのポイントと注意点は?

教育業界の動画を制作するときには、いくつかのポイントに注意しなければなりません。教育業界の動画制作時に意識するべき主なポイントは、以下の3つです。

  • 内容が理解しやすい表現手法を使うこと
  • ターゲットは絞り込みすぎないこと
  • 視聴者目線を意識して動画を作ること

ここでは、上に挙げた動画制作時のポイントについて、詳しく解説します。

3-1.内容が理解しやすい表現手法を使うこと

動画で紹介するジャンルへの知識がまったくない人を想定して、簡単で分かりやすい表現を心がけましょう。動画内で難しい言葉や専門用語を多用すると、内容が難しくなり、途中で動画の視聴を止めてしまう可能性が高くなります。
データを用いる場合は数字を列挙するのではなく、グラフや図表を使うことで、動画の視認性を高め、分かりやすくすることが可能です。

また、動画のインパクトを強めるために、斬新な表現手法を採用するケースも多いですが、むしろ内容の理解を妨げてしまうことは少なくありません。内容を理解しやすいように、シンプルな表現手法で動画を制作することがおすすめです。

3-2.ターゲットは絞り込みすぎないこと

高度な研究を行っている大学・大学院では、動画を視聴するターゲット層の知識・理解を無視してコンテンツを制作すると、学生募集の効果が低くなってしまいます。「研究に興味のない人に、少しでも興味を持ってもらおう」という心構えで、動画は制作しましょう。

また、動画を視聴するターゲット層は、日本人だけに限定するべきではありません。制作した動画は、ネットで公開することで日本国外の人にも提供できます。グローバル化の時代で学校が生き残るためには、海外からの留学生を積極的に招くことが大切です。
そのため、海外からの留学生にも興味を持ってもらえるように、動画に外国語の字幕・ナレーションを入れるなどの工夫を施しましょう。

3-3.視聴者目線を意識して動画を作ること

3-3.視聴者目線を意識して動画を作ること

「視聴者がどのような情報に魅力を感じるのか」「どのような情報を求めているのか」といったことを理解しなければ、魅力的な動画を制作することはできません。動画を作るときには、ターゲット層の興味・関心をあらかじめ調査して、ニーズを十分に把握しておきましょう。

また、さまざまな情報の提供を目的に、長い動画を作ることは、おすすめできません。1つの動画に情報を盛り込みすぎると、内容の理解が難しくなります。視聴者の興味・関心を十分にリサーチしたうえで、本当に必要な情報のみを動画に盛り込みましょう。
もし、伝えたい情報が多くなってしまった場合は、ターゲット像を細かく設定し、それぞれに応じた動画を制作することがおすすめです。

4.教育業界における動画の実例を紹介

最後に教育業界における動画を用いた学生募集・広報活動の実例を紹介します。

 

〇 某有名通信教育事業会社
難関大学の合格を目指す高校生に通信教育をPRする動画です。有名監督が手掛けたアニメーションで、高校生のハートを掴むストーリーとなっています。有名監督が手掛けた動画ということもあり、動画共有サイトで高い人気を集めました。

 

〇 某有名大学
某有名大学が研究成果を紹介し、研究の魅力をPRする動画です。ポップで親しみやすいアニメーションを取り入れることで、研究内容を分かりやすく紹介しています。海外の人が研究内容を理解できるように、日本語の字幕と英語のナレーションが加えられている点が特徴です。

高度な研究をテーマとして扱っていますが、多くの人が興味を持てる分かりやすい内容となっているため、動画共有サイトで徐々に人気を呼んでいます。

 

〇 アメリカの自動車整備専門学校
アメリカの自動車整備専門学校が入学者の増加を目指して配信した動画です。格好良く自動車が走る姿と学生たちが楽しそうに学ぶ姿が、効果的にPRされています。
動画の公開後、学校が開設した公式チャンネルの登録者数は大幅に増加しました。さらに、動画によるPRの結果、入学者数が10%以上も増加しています。

学校情報や研究内容を効果的にアピールしたいと考えている教育業界の人は、ぜひ動画の活用を検討してみてください。

まとめ

スマホやインターネット環境の発展により、多くの人にとって動画は身近なものとなっています。そして、人々の生活で動画が占める割合が増えていることに対応して、教育業界では動画を用いた学生募集・広報活動が広がりつつあります。

学校や研究内容をアピールするために動画を制作する場合は、視聴者の目線に立ってコンテンツを制作することが大切です。この記事で紹介した動画を制作するときのポイントや実例を参考にして、素敵な広報動画を制作しましょう。

Contact
お問合わせ

映像で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。

シードアシストは大阪を中心に、見る人に"本当に響く動画"を
「マーケティング」「ブランディング」視点の映像制作で提案している会社です。

テクノロジーは絶えず進化し、技術革新と共に動画はより身近なコンテンツとなりました。
近年、ますます世の中に溢れる映像コンテンツ。シードアシストは大阪の南森町から映像制作を通じ、常にクライアントに寄り添い、課題を解決するための「ソリューションとしての映像創り」という姿勢を大切にして参りました。
動画制作を始めた2012年よりずっと変わらないポリシーの基、今日も動画をお作りしています。
お陰様で、現在シードアシストでは年間220本の動画制作実績をご依頼いただいております。