お電話でのお問い合わせお電話でのお問い合わせ

アパレル業界で動画を活用する重要性からメリット・事例まで紹介!|大阪の動画制作・映像制作会社なら株式会社シードアシスト

Column

コラム

コラム記事

アパレル業界で動画を活用する重要性からメリット・事例まで紹介!

記事作成日:2021/12/01

記事を書いた人
シードアシスト

シードアシスト

動画制作・映像制作のシードアシストは『伝わる動画』制作で企業の課題解決を支援しています。企業の動画活用で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。

この記事を共有する

アパレル業界で動画を活用する重要性からメリット・事例まで紹介!

近年、アパレル業界では動画を活用したマーケティングが主流となっています。しかし「どのように動画を活用すればよいのかわからない」という人は多いのではないでしょうか。

当記事では、アパレル業界で動画マーケティングが重要となっている理由から、アパレル業界で動画を活用するメリット、動画の活用事例までを紹介しています。

動画制作を制作会社に依頼する際のコツもまとめているため、アパレル業界で動画マーケティングを検討している場合は必見です。

1.アパレル業界では動画マーケティングが重要!

動画マーケティングとは「商品が売れる仕組みを動画で作る」ことだと言われています。現在、アパレル業界でも動画マーケティングが注目されています。

アパレル業界で動画マーケティングが主流になりつつある背景には「消費者ニーズの変化」や「スマートフォンによる動画視聴の増加」が挙げられます。

◯消費者ニーズの変化
インターネットの登場により膨大な情報が日々発信されているため、消費者は商品情報を自ら入手できるようになりました。ITの発展に伴い、消費者のニーズは「モノを買う」ことから、共感型の「コトを買う」ことに移行しています。

◯スマホによる動画視聴の増加
通信環境が整ったことで、いつでもどこでもスマホで動画を視聴できるようになりました。今後も、動画プラットフォームの活用による動画視聴時間は延びると予想されているため、どの業界においても動画によるWEBマーケティング施策は必須となっています。

特にアパレル業界は、消費者にいかにブランドの世界観を伝えるかが重要です。ブランドの世界観を知ってもらえなければ、消費者の購買意欲を掻き立てることはできません。

消費者にブランドの世界観を伝えるための手法として、アパレル業界で動画マーケティングの重要性はますます高まっています。

2.アパレル業界で動画を活用する4つのメリット

アパレル業界で動画マーケティングが重要視されている理由はわかっても、「具体的なメリットがなければ動画マーケティングを始められない」という人は多いでしょう。アパレル業界の動画には、ブランドの世界観を伝えること以外にも利点があります。

ここからは、アパレル業界で動画を活用する4つのメリットを紹介します。

2-1.最新情報をすぐに発信できる

ファッション雑誌や屋外広告とは違い、リアルタイムで情報発信できることが動画のメリットです。

紙媒体は販売までにタイムラグがあることから、情報の即時性はあまり高くありません。
その点、オンラインで視聴できる動画は、アップロードさえすれば即座に配信され、時間や場所を問わず誰でも視聴できます。

「いつ何を消費者に伝えたいのか」が明確に定まっている場合は、動画マーケティングにより効果的に消費者にアピールできるでしょう。

2-2.商品を着用した際のイメージがしやすい

モデルが商品を着用したときの様子を動画で流すことで、商品のディテールが消費者に伝わりやすくなります。

ECサイトの場合、ECサイト上に掲載された商品の画像や文字だけでは、消費者は商品の詳細を把握することができません。商品の品質がわかりにくいために、ECサイトでの商品購入をためらう消費者もいます。
しかし、商品を着用したモデルが実際に動くことで、商品の素材感・質感・サイズ感・透け感・シルエット・カラーといったディテールが消費者に伝わりやすくなります。

動画により消費者が商品を着用したときのイメージが湧きやすくなれば、効果的に購買意欲を高められるでしょう。

2-3.消費者と直接コミュニケーションがとれる

アパレル業界の企業と消費者がコミュニケーションをとれることも、動画のメリットのひとつです。

多くの動画プラットフォームにはコメント機能があり、非承認・非公開にしない限り、動画に対する消費者からのコメントを集めることができます。コメントには、否定的な意見や肯定的な意見など、消費者一人ひとりからさまざまな声が寄せられます。

消費者の「生」の声を聞く機会は少ないため、コメント機能を有効活用すれば、企業イメージ・売上の向上に役立つでしょう。

2-4.SNSも併せて利用することで広範囲に拡散できる

動画はSNSとの親和性が高いため、動画とSNSの相乗効果により、多くの人に情報を拡散できます。

今日のアパレル業界において、SNSは欠かせないプロモーションツールのひとつです。ただ文字の情報だけで投稿するのではなく、商品説明の動画などをアップすることで、より消費者の興味を引くことができるでしょう。

SNSを通して動画が拡散されれば、ブランドの認知度向上を図ることも可能です。

3.アパレル業界における動画活用事例

最近は、アパレル業界のさまざまなファッション企業が動画を活用したプロモーションを打ち出しています。

ここからは、海外と国内に分けて実際の動画導入事例を紹介します。
実際の活用事例を通し、ほかの企業がどのような内容・見せ方の動画を制作しているのか、参考にしましょう。

3-1.海外での活用事例

海外ブランドにおける動画活用事例を2つ紹介します。

◯ハイブランド
世界的に有名なサッカー選手を起用し、ラグジュアリーかつスタイリッシュなブランドイメージが伝わるような動画を制作しています。全編モノクロでセリフや会話はなく、音楽だけの動画でブランディングを成功させています。

◯ファストファッション
「不要になった衣類と引き換えにクーポン券を配布する」というキャンペーンの告知に動画を活用しています。メッセージ性のある字幕を付けて、動画の視聴者に強い印象を残します。

3-2.国内での活用事例

続いて、国内ブランドにおける動画活用事例を2つ紹介します。

◯子ども服のECサイト
商品を着用した子どもが元気に動き回ることで、着用イメージや着心地のよさをアピールしています。ブランドの名前を覚えてもらえるよう、動画の最後にブランドロゴを映し出し、ECサイトのよさを伝えています。

◯小物・雑貨
自社商品であるネイルを使用したハウツーコンテンツを提供し、誰でも簡単に実践できるよう、字幕を付けて丁寧に説明しています。動画内では実際に販売されている商品が使用されているため、消費者の購買意欲を高める工夫が凝らされています。

また、近年ではECサイトの商品紹介ページにも動画が活用されています。
モデルが商品を着用した様子を動画で確認でき、消費者が商品の使い心地をイメージしやすくなっています。

(外部リンク:On「Cloud X」
(外部リンク:NIKE「ナイキ リアクト インフィニティ ラン フライニット」)

4.制作会社にアパレル業界の動画制作を依頼する際のコツ

アパレル業界で動画を作ることは、プロモーションにおいて非常に有効です。しかし、自社だけで動画を撮影・編集することは簡単ではありません。
アパレル業界の動画制作は、豊富な実績がある動画制作会社に依頼しましょう。

▼アパレル業界が動画制作を外注するコツ

・動画の目的や掲載先を明確にする
動画を制作する目的や掲載先によって、最適な動画の内容や映像の長さは変わります。「商品を詳しく説明したい」「SNSに動画をアップしたい」など、制作したい動画の目的や掲載先を明確にし、その旨を制作会社に伝えましょう。

・インタラクティブ動画を活用する
インタラクティブ動画とは、映像内にリンクを構築する動画のことです。動画内の商品をクリック・タップすることで、ECサイトの購入ページに遷移する仕組みを作ることもできます。

・影響力のある人物をモデルに起用する
動画のモデルには、ブランドイメージと合致し、消費者に影響力のある人物を採用しましょう。最近は女優やタレントではなく、ファッションユーチューバー・インフルエンサーを起用するケースもあります。、ブランドの世界観が伝わりやすくなるだけでなく、消費者の購買意欲を高めることも可能です。

上記のコツを踏まえて動画を制作会社に依頼すれば、自社の希望に合う魅力的な動画を作ってもらえる可能性が高くなります。ぜひ実践してみてください。

まとめ

アパレル業界において、動画は認知度・売上アップに欠かせない有効なツールです。実際に、国内外を問わず多くの企業で動画を活用したプロモーションが実施されています。他社の事例を参考に、ブランドの世界観や商品のよさが消費者に伝わる動画を制作しましょう。

動画制作を制作会社に依頼する際は、動画の目的や掲載先を明確にしたうえで、ブランドイメージを損ねないモデルを起用することがポイントです。インタラクティブ動画を活用すれば、消費者をスムーズにECサイトへ誘導することもできます。
アパレル業界で動画を活用したい場合は、ぜひ当記事で紹介した内容を参考にしてください。

この記事を共有する