映像制作と動画マーケティング|企業が用いるべき理由と活用法を解説|年間実績220本以上 大阪の映像制作・動画制作会社 シードアシスト

コラム

Column

コラム

コラム記事

映像制作と動画マーケティング|企業が用いるべき理由と活用法を解説

記事作成日:2019/10/30

記事を書いた人
シードアシスト

シードアシスト

映像制作と動画マーケティング|企業が用いるべき理由と活用法を解説

今やWebサイトやSNSで動画を見ない日はないほど、動画コンテンツを活用したマーケティングは普及しています。その一方で、動画マーケティングにはどのような効果があり、どのように制作するのかなど、不明点が多く採用に踏み出せない企業も多いのではないでしょうか。

当記事では、動画マーケティングのメリットと動画の活用法、動画マーケティングのメリットを徹底解説します。また、映像制作を作成する際のポイントも紹介しているため、動画マーケティングに興味のある方は、ぜひご覧ください。

 

1.動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは?

 

動画マーケティングとは、動画を用いて企業や商品などのマーケティングを行うことです。例えば、SNSでの広告動画や自社で発信するコンテンツを動画にし、動画配信プラットフォームや自社サイトで公開するなど、方法はさまざまです。

現代では、スマートフォンで手軽に動画を見ることができるため、日々大量の情報を受け取ることができます。そのため、すばやく多くの情報を消費者に届ける方法として、動画でマーケティングを行うことが、ますます重要になってきています。

 

1-1.用いられる動画の種類と活用法

動画マーケティングと一口にいっても、さまざまな方法があります。では、実際にどのような動画の種類があり、どういった形で活用すると効果的なのでしょうか。ここでは、動画マーケティングに用いられる動画の種類と活用法を詳しく紹介します。

バイラル動画

特徴

ソーシャルメディアで拡散されることを目的とした、思わずシェアしたくなる動画です。

ターゲット

FacebookやTwitterなどのSNS利用者

効果的な活用法

SNSで大量に拡散される(バズる)ことで、より多くの人に情報が届き、認知度向上を図ることが可能です。

 

ハウツー動画

特徴
商品の使い方、商品を使ったライフハックなどの役立つ知恵や知識を教える動画です。

ターゲット
Googleなどの検索サイト利用者

効果的な活用法
消費者が困りごとをネットで検索し、解決策としてハウツー動画にたどり着くことで、商品購入や認知度向上を図ることが可能です。

 

ネット番組

特徴
動画配信サイトで専用チャンネルを作り、日々動画を制作してアップしているものです。

ターゲット
既存顧客

効果的な活用法
すでに商品を知っているユーザーに向けて魅力的なコンテンツを動画として届けることで、顧客ロイヤリティを高め、ファンを増やすことが可能です。

 

動画広告

特徴
主に広告枠を購入し、動画で商品を宣伝するものです。

ターゲット
その広告媒体をよく見る・訪れる利用者

効果的な活用法
広告を出す媒体と商品の親和性が高いほど認知度が上がるため、商品の購入数を増やしたい場合に最適です。

 

プロモーション動画

特徴
商品に関する意識や関心を高めるための動画です。

ターゲット
商品に関心を持っている消費者

効果的な活用法
美しい動画や面白い動画で、その商品に対する意識や関心を高め、消費者とのコミュニケーションの接点となるよう工夫することで、人を呼び込むことが可能です。

 

商品・サービス紹介動画

特徴
商品をより詳細に紹介する動画で、宣伝動画よりも長い時間を使い、詳しくかつ分かりやすく制作されるものです。

ターゲット
自社運営メディア訪問者

効果的な活用法
会社紹介で企業姿勢を打ち出すことでファン創出する他、商品をより詳しく知りたいという消費者に向けて丁寧に説明することで、購入の後押しを図ることが可能です。

 

ブランディング動画

特徴
ブランドや商品のビジョン・価値観を表現し、ブランドイメージを明確にすることでブランディングに繋げていく動画です。

ターゲット
商品に関心を持っている消費者

効果的な活用法
世界観や価値観を圧倒的に表現することで憧れや共感を誘い、そのブランドや商品のイメージを高めることが可能です。

 

このように、動画マーケティングは、動画の種類によって効果が異なります。そのため、ターゲット層に合わせた動画を用いることが重要です。

 

2.企業が映像制作をするべき理由は?動画マーケティングのメリット

動画プロモーションや商品・サービスのPR動画、会社案内動画など、さまざまな動画マーケティングがありますが、なぜ動画コンテンツを活用するべきなのでしょうか。

ここからは、動画マーケティングを考えている方のために、動画マーケティングを行うメリットを具体的に紹介します。

 

2-1.伝えられる情報量が多い

企業が映像制作をするべき理由は?動画マーケティングのメリット 伝えられる情報量が多い

 

ユーザーは日々、インターネットをはじめさまざまな媒体で多くの情報に触れているため、短い時間でより多くの情報を届けること工夫が必要です。

動画はテキストや写真より圧倒的に情報量が多く、180万語を動画化すると1分間で収まるといわれています。テキストや写真に比べ、動画の情報量は何千倍にもなるため、効率良く多くの情報を届けることが可能です。

 

2-2.内容の理解度が高まる

動画を使うことで、文字や写真だけでは伝わりづらいことも伝えることができます。

文字や写真の場合、文字数や枚数、サイズなどの制約があると、さらに伝えられる情報量が限られてしまします。しかし、動画であれば映像やナレーション、音楽などを組み合わせて表現することが可能です。情報量が多いだけでなく情報の深みが増すため、企業が伝えたいことをより正確に伝えることができます。

 

2-3.拡散されやすい

動画は、短時間で強いインパクトを与えることが可能なため、SNSで拡散されやすい傾向にあります。また、SNSは一度拡散されると一気に広まるという特徴があるため、多くの方に認知してもらうことが可能です。

多くの情報を目にしている中で、文字や画像よりも映像のほうが目にとまりやすいため、幅広い年齢層が閲覧しやすい表現で魅せることで、さらに拡散を狙うことができます

 

2-4.コンバージョン率が上がる

映像・音楽・言葉で情報を訴求できる動画は、時に感情に訴えることもできます。

調査会社が発表した結果によると、止画と動画では、動画の方がコンバージョン率が上がることが分かりました。また、年々動画広告市場の規模が大きくなっていることからも、動画広告の重要性が確認できます。

視覚と聴覚の両方から十分な情報を得られることによってコンバージョン率は上がるため、動画でのマーケティングは広告として有効といえます。

 

 

3.失敗しない映像制作の3つのポイント

実際に映像制作となると、どのようなポイントに気をつけて制作していかなければならないのか分からない方も多くいるでしょう。

ここでは、映像制作に失敗しないための3つのポイントを解説します。動画マーケティングで成功するためにも、これから紹介する3つのポイントをしっかりと押さえ、自社に合った映像を制作しましょう。

 

3-1.目的に合った種類・内容の映像を作成する

失敗しない映像制作の3つのポイント 3-1.目的に合った種類・内容の映像を作成する

動画マーケティングに用いる映像の制作で失敗しないためにも、まずは映像制作の目的を明確にしましょう。動画マーケティングの種類でも紹介したように、動画にはターゲットや目的によってそれぞれに特徴があり、効果的な活用方法が異なります。例えば、採用動画とWEB広告動画、YouTube動画は、それぞれ目的が異なります。

認知・商品理解・購入促進など、それぞれの目的に合った内容で映像を作成することによって、マーケティングの効果測定を簡単に行うことができます目的に合った映像を制作するためにも、事前に映像制作の目的をはっきりとさせましょう。

 

3-2.効果測定を行う

制作した映像は、単に視聴回数を増やすことが目的ではありません。あくまで動画視聴は目的を達成させるための手段です。そのため、映像を制作した際は、動画を活用することによって目的を達成できたかという効果測定は必ず行いましょう

ブランディング動画など、動画の中には効果測定が難しいものもあります。しかし、目的が達成できる方法であったかどうかを知るためにも、視聴数や動画拡散数はもちろん、CV数などを集計してPDCAを回し、マーケティング効果を測定しましょう

 

3-3.映像制作のプロに依頼する

社内ですぐに映像を制作することが可能かといわれれば、難しい場合が大半でしょう。実際に、映像制作ができる・指揮をとれる人間が社内にいないという理由で、動画マーケティングに踏み出せない企業が多いことも事実です。

映像制作ができる人間が社内にいない状態のまま映像を制作した場合、編集スキルの習得やなどに大幅な手間や時間がかかってしまう可能性があります。しかし、プロの方に映像制作を依頼することにより、手間をカットできる他、一般ユーザーが制作した動画に比べて認知効果が高い動画を制作することが可能です。

また、映像制作のプロは映像制作のノウハウを活用し、企画から動画撮影・音響効果まで細かく設計した上で、映像を制作してくれます。そのため、それぞれの目的に合わせた質の高い動画を最短で制作することが可能です。

 

まとめ

SNS全盛期により、日々多く情報を受け取る現代では、効率良く多くの情報を届けられる動画マーケティングが存在感を増しています。しかし、情報発信がより手軽な時代になったために、発信する情報の質が問われる時代にもなってきています。

視聴者の心に訴えかけるためには、明確な目的やストーリー性のある質の高い映像を作成しすることがポイントです。映像を制作する目的をはっきりさせることで、マーケティング効果を上げることができるため、動画コンテンツで顧客との接点を作ることができます。

動画マーケティングの導入を検討している方は、より自社に合った動画マーケティングの手法や動画戦略で映像を制作するためにも、まずは映像制作会社に相談してみましょう。

 

Contact
お問合わせ

映像で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。