動画マーケティングとは|市場状況・動画広告と動画コンテンツの種類|動画制作を大阪でお探しなら映像制作のシードアシスト

コラム

Column

コラム

コラム記事

動画マーケティングとは|市場状況・動画広告と動画コンテンツの種類

記事作成日:2021/05/25

記事を書いた人
シードアシスト

シードアシスト

シードアシストでは、“伝わる映像”を「マーケティング」「ブランディング」視点で見る人に本当に響く映像制作をご提案いたします。 映像で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。
動画マーケティングとは|市場状況・動画広告と動画コンテンツの種類

動画マーケティングとは、その名の通り動画を使用したWebマーケティングを指します。動画は、文章や静止画よりも多くの情報量を伝えられる、企業のPRや商品紹介に適したマーケティング手法です。

当記事では、動画マーケティングの市場状況と併せて、動画広告や動画コンテンツの種類を解説します。また、動画制作を依頼できるおすすめの映像制作会社も紹介します。動画マーケティングの導入を検討中の人や、映像制作に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、動画広告や映像作品を使用したWebマーケティング手法のことです。視覚と聴覚の両方からアピールできる動画は視聴者への訴求力が高く、動画マーケティングは近年多くの企業が取り入れています。

ここからは、動画マーケティングの近況や主なプラットフォームとともに、動画マーケティングを利用するメリットとデメリットを解説します。

1-1.動画市場の近況

サイバーエージェントによる動画広告の市場調査では、日本における2020年の動画広告市場は昨年比114%の2,954億円になる見通しとなりました。今後も動画広告市場は拡大し、2021年に3,889億円、2024年には6,856億円になる見込みです。

出典:株式会社サイバーエージェント「サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表」

また、総務省による世界の動画配信の市場規模に関する予測では、5Gのサービス開始によるコンテンツの大容量化で、今後さらに動画コンテンツ市場が拡大するとされています。世界における2020年度の定額制動画配信サービス売上高は約745億ドルと、同年の音楽配信サービス売上高の約140億ドルを大きく上回っています。

出典:総務省「5G時代を支えるデータ流通とセキュリティ」

動画コンテンツの普及率はこれからも伸びると予想されているため、動画マーケティングの重要性はさらに高まると言えるでしょう。

1-2.動画マーケティングの主なプラットフォーム

動画マーケティングのプラットフォームは、大きく分けると動画配信サイトとSNSの2種類です。

動画配信サイト
該当サービス
  • YouTube
  • ニコニコ動画
特徴 長時間の動画投稿や動画コンテンツの課金誘導に最適
動画配信サイト
該当サービス
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • LINE
特徴 短時間の動画掲載やCM動画からのサイト誘導に最適

動画配信サイトとSNSは異なる特徴を持つため、動画によってプラットフォームを使い分けると広告効果がより高まります。例えば、企業の商品説明などの長尺動画は、動画配信サイトに向いています。また、「バズること」を狙ったインパクトのある短い動画は、拡散されやすいSNSに投稿するとよいでしょう。

動画マーケティングを行う際は、ターゲットと目的に合わせた動画を作成し、動画のタイプに適したプラットフォームに投稿することが重要です。

1-3.動画マーケティングのメリット・デメリット

動画広告市場・動画配信市場は右肩上がりに伸びており、今後ますます動画マーケティングは一般的になると予想されます。しかし、動画マーケティングにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。動画マーケティングを始める前に、メリットとデメリットの両方を理解しておきましょう。まずは、動画マーケティングのメリットから紹介します。

【メリット】
  • 文章や画像よりも多くの情報を伝えられる
  • 視覚と聴覚に訴えることで、ユーザーの印象に残りやすい
  • SNSとの相性がよく、拡散力が高い
  • 商品やサービスの魅力を伝えやすく、ブランディングに適している
  • SEO効果が生まれれば、認知度向上につながる

動画マーケティングの一番のメリットは、情報量の多さです。テキストや静止画に比べて動画の情報量は圧倒的に多く、1分間の動画でおよそ180万文字の情報が入ると言われています。また、動画マーケティングはSNSとの親和性が高く、消費者によって動画が拡散されやすいこともメリットのひとつです。質の高い動画コンテンツはSEO対策にも結びつき、検索結果の上位ランクに動画が表示されれば、検索流入も期待できます。

【デメリット】
  • 動画自体の制作費がかかる
  • 動画の完成までに相応の時間がかかる
  • 完成度の高い動画制作にはテクニックが必要となる
  • 一度作った動画をブラッシュアップすることは難しい

動画マーケティングのデメリットは、動画制作の手間や費用がかかることです。動画作成には撮影や編集などの工程があり、自社制作の難易度が高く、完成までには数か月ほどの制作期間がかかります。また、一度投稿した動画の内容を変更することは難しく、効果測定に時間がかかることから、動画制作段階で十分にターゲティングや企画を練ることが求められます。

このように、動画マーケティングはプロモーション効果が大きい反面、制作に労力がかかるという点が特徴です。メリットとデメリットを十分に理解し、動画マーケティングならではの強みを発揮しましょう。

2.動画マーケティングの種類|それぞれの具体例も

動画マーケティングには、「動画広告」と「動画コンテンツ」の2種類があります。動画広告とは、動画内広告のことです。それに対して、動画コンテンツはストーリー性のある映像を指します。動画広告と動画コンテンツのそれぞれにも複数の種類があることから、企業による動画マーケティングの活用事例は多種多様です。

ここからは、動画マーケティングの種類と具体例を解説します。

2-1.動画広告

動画広告は、動画の開始前・終了後や途中で表示される動画形式の広告です。YouTubeなどの動画配信サイトを視聴する際に表示されることが多く、Web上のCMのような存在といえます。動画広告の種類は非常に豊富であり、以下の8種類が代表的です。

<動画広告の種類>

インストリーム広告 動画の前後や再生途中に流れる動画広告
アウトストリーム広告 Webサイトやアプリの動画コンテンツ外に流れる動画広告
インバナー広告 各プラットフォームの広告掲載枠に配信される動画広告
インリード広告 記事の途中で自動的に再生される動画広告
オーバーレイ広告 ブラウザの一定の位置に表示される動画広告
バンパー広告 6秒以下のYouTube動画広告
インタースティシャル広告 ページ遷移の合間に表示される動画広告
動画リワード広告 視聴することでアプリ内の報酬を獲得できる動画広告

動画マーケティングでは、上記の8種類の動画広告を使い分けて運用します。まずは、インストリーム広告とアウトストリーム広告のどちらを出すのかを決めましょう。インストリーム広告は動画配信サイト向け、アウトストリーム広告はWebサイトやSNS、アプリで使用される広告です。

たとえば、企業紹介など長い動画を広告として表示させる場合には、YouTubeなどで見られるインストリーム広告が向いています。また、商品紹介など文章や画像を中心とした記事コンテンツには、アウトストリーム広告の一種であるインリード広告がおすすめです。

そのほかにも、スマートフォンアプリ向けの動画リワード広告など、動画ならではの情報力を活かした広告の活用法は数多くあります。さまざまな広告戦略を組み合わせ、動画マーケティングを成功させましょう。

2-2.動画コンテンツ

動画コンテンツは、物語性やおもしろさのある映像を流すことで、視聴者の興味を引く動画です。目的やターゲットに合わせて、さまざまな種類があります。以下は、動画コンテンツの一例です。

<動画コンテンツの種類>

人材採用動画 新卒・中途採用に特化した企業のPR動画
人材育成・研修動画 社員研修など多くの情報をわかりやすく伝える動画
企業紹介動画 自社の特徴や事業内容を視聴者に伝える動画
商品説明動画 商品やサービスの魅力・使い方を解説する動画
Webメインビジュアル動画 自社サイトのトップページに表示する動画

動画コンテンツは、文章や画像では説明しきれない細かい部分まで表現できるため、工夫次第で訴求力の高い動画を展開できることが強みです。クオリティの高い動画コンテンツを制作すれば、顧客からのイメージアップにも役立ちます。しかし、撮影用の機材や人員が必要になるため、動画コンテンツを一から制作することは簡単ではありません。

「株式会社シードアシスト」では、多くの企業の動画コンテンツを制作した事例があります。ユーザーに響くハイクオリティな動画コンテンツを作成したいときは、シードアシストにお任せください。

まとめ

Webマーケティングの一種である動画マーケティングは、動画広告市場や動画配信市場が拡大していることから、重要性の高い手法です。5Gの開始などで大容量のデータを扱えるようになるため、動画広告や動画コンテンツの活用が求められています。

動画には情報量が多く訴求力が高いというメリットがありますが、視聴者の印象に残る動画を作るためには手間と時間がかかります。映像制作会社「株式会社シードアシスト」では、企業の魅力をアピールする動画を多数作成しています。動画マーケティングに興味のある場合は、お気軽にお問い合わせください。

Contact
お問合わせ

映像で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。

シードアシストは大阪を中心に、見る人に"本当に響く動画"を
「マーケティング」「ブランディング」視点の映像制作で提案している会社です。

テクノロジーは絶えず進化し、技術革新と共に動画はより身近なコンテンツとなりました。
近年、ますます世の中に溢れる映像コンテンツ。シードアシストは大阪の南森町から映像制作を通じ、常にクライアントに寄り添い、課題を解決するための「ソリューションとしての映像創り」という姿勢を大切にして参りました。
動画制作を始めた2012年よりずっと変わらないポリシーの基、今日も動画をお作りしています。
お陰様で、現在シードアシストでは年間220本の動画制作実績をご依頼いただいております。