無料相談 お見積り 無料相談 お見積り

面白い動画広告を作りたい!参考事例、成果につなげるコツを紹介|大阪の動画制作・映像制作会社なら株式会社シードアシスト

Column

コラム

面白い動画広告を作りたい!参考事例、成果につなげるコツを紹介

記事作成日:2023/12/25

記事を書いた人
SeedAssist 編集部

SeedAssist 編集部

弊社ではCM、PV、企業VP、研修用動画などの映像をトータルプロデュースいたします。お客様のニーズに合わせた最適な映像戦略をご提案いたします。どんな小さなご要望にも丁寧にご対応いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事を共有する

面白い動画広告を作りたい!参考事例、成果につなげるコツを紹介

視聴者の興味・関心をひく面白い動画広告を制作するには、独創的かつ目新しいアイデアを取り入れる必要があります。

しかし、実際に制作するとなると「アイデアが浮かばない」「面白い動画がイメージできない」と、悩む方が少なくありません。

そこでこの記事では、面白い動画広告の共通点と成果を出すためのポイントを解説します。また、面白い動画広告を制作するメリットや、シードアシストが制作した動画広告の参考事例についてもまとめていますので、ぜひ最後までお読みください。

動画制作に関するご相談、お見積もり依頼などお気軽にお問い合わせください。

面白い動画広告の共通点とは

面白い動画広告の共通点とは

面白い動画広告には、共通して以下4つの点があります。次項で詳しくみていきましょう。

・冒頭で視聴者をつかんでいる
・バズりを狙っている
・多くの人が共感する内容になっている
・短時間で起承転結ができている

冒頭で視聴者をつかんでいる

面白い動画広告には、冒頭の数秒間にインパクトのある内容を入れて、視聴者の心をひきつけるものが多くみられます。

動画広告では、冒頭で視聴者の気をひけなければ、離脱されてしまう確率が高くなります。そのため、最初の3〜5秒ほどの短い時間で、どれだけ視聴者に興味をもってもらえるかが非常に重要です。

視聴者の関心を得られそうなコンテンツをあらかじめリサーチし、冒頭数秒から思わず見入ってしまうような工夫を取り入れましょう。

バズりを狙っている

面白い動画広告には、バズりを狙っているものが多いという特徴もあります。

バズるとは、SNSなどで話題となり、再生数や「いいね!」の数が急激に増えることです。

動画がバズってどんどん拡散されれば、より多くの人の目に触れ、認知度や集客力の向上など嬉しい成果を得られるでしょう。

多くの人が共感する内容になっている

「あるある」「わかる」と多くの視聴者に共感してもらえる内容であることも、面白い動画に共通するポイントです。

SNSのリツイート機能などで、より多くの人にシェアしてもらうためには、まず「この動画広告を他の人にもみてもらいたい」「情報を共有したい」と視聴者に思ってもらうことが大切です。

特に、視聴者がつい応援したくなるような動画や、意外性に富む動画はバズる可能性も高くなります。

短時間で起承転結ができている

面白い動画広告は、短時間であっても起承転結ができていて、わかりやすいという共通点があります。

現在、SNSでバズる状態を作りだしているのは、主に30代以下の若い世代です。中でも、10代〜20代の世代は、TikTokの流行によって、短い動画に慣れ親しんでいます。

そのため、全体的に短い時間でわかりやすいストーリー性があるPR動画ほど「ハマる!」「面白い!」と感じる人が多く、拡散されやすくなるでしょう。

面白い動画広告を制作するメリット

面白い動画広告を制作するメリット

面白い動画広告を制作するメリットとして、主に以下の3つがあげられます。

・視聴者の記憶に残りやすい
・SNSで拡散されやすい
・商品やサービスに興味がない人にもみてもらえる

視聴者の記憶に残りやすい

ストーリー仕立ての動画広告はつい見入ってしまう視聴者も多く、記憶に残りやすいというメリットがあります。

たった数秒の再生時間でも、訴求したい商品やブランドのストーリーを、視聴者に十分に届けられるでしょう。

また、文章や静止画とは異なり、動画には、右脳にイメージ記憶として残りやすい傾向があります。そのため、ターゲティングをきちんと行い、ターゲットに適した動画広告を制作できれば、サービスの認知度向上が期待できるでしょう。

さらに、ストーリーや動画に込められたメッセージの内容がよければ、企業やブランドのイメージアップにもつながります。

SNSで拡散されやすい

面白い動画広告は、SNSで拡散されやすいというメリットがあります。

SNSで動画が拡散されてバズると、多くの人の目に留まるため、低予算でも商品やサービスについて認知してもらいやすくなります。

その半面、ネガティブな方向に拡散されてしまうと炎上し、ブランドのイメージダウンや売り上げ低下につながってしまう可能性もあるので注意が必要です。

商品やサービスに興味がない人にもみてもらえる

動画の内容が面白ければ、商品やサービスに興味がなかった人にも視聴されやすいというメリットがあります。

たとえ短時間であっても、面白い動画であればユーザーの気をひきやすく、もともと商品に興味がない人に対してもアピールする機会が増えます。

インパクトのある動画広告により視聴者の記憶に残れば、商品選びで迷った際に選んでもらいやすいというメリットもあるでしょう。

面白い動画広告で成果を出すためのポイント

面白い動画広告で成果を出すためのポイント

面白い動画広告を制作し、認知度拡大や売上向上に結びつけるためには、以下6つのポイントを意識してみてください。

・動画を作る目的を明確にする
・ターゲットを絞る
・トレンド・話題性を盛り込む
・冒頭数秒を意識する
・インパクトのある内容にする
・同業他社が取り組んでいない動画を作る

動画を作る目的を明確にする

動画広告を制作する際には、最初に「目的」を明確にしておくことが大切です。

認知度拡大やブランディング、販売促進など動画制作を通して何を得たいのかを決めておきましょう。

目的を明確にすることで、どのような層に何をアピールしたいのかなど動画で伝えるべき内容やメッセージを絞り込みやすくなります。

ターゲットを絞る

ユーザーの性別、年齢、ライフスタイルによって、それぞれの興味をひく内容は大きく異なります。そのため、動画を制作する際にはターゲットを絞り込み、そのターゲットに「刺さる内容」を心がけましょう。

ターゲットを絞り込まずに動画を制作すると、当たりさわりのない内容になってしまい、視聴者の印象に残らない動画広告になる可能性があります。

「幅広い層に受ける」ものではなく、できるだけ細かくターゲットを絞った動画にすることが大切です。

トレンド・話題性を盛り込む

個性のある面白い動画を制作するには、トレンドや話題性を意識したうえで、特定のテーマを設けてインパクトを強めるのが効果的です。

流行りの音楽やカルチャーなどを調査し、動画広告に取り入れることで視聴者の心をグッとつかみやすくなります。

しかしながら、トレンドは移り変わりが早いため、少し前まではトレンドだったものが、現在ではすでに「古い」可能性もあります。視聴者に「時代遅れ」と感じられてしまうと、かえってネガティブなイメージを与えてしまう可能性もあるため注意が必要です。

冒頭数秒を意識する

繰り返しになりますが、動画広告は冒頭の数秒が非常に大切です。出だしが面白くなければ、動画を最後まで視聴してもらえる可能性が低くなってしまいます。

そのため、冒頭に視聴者が興味・関心を抱くようなインパクトのある内容を盛り込むことが重要です。

制作を開始する前にターゲットとなるユーザーが、どのようなものに興味があるのかをリサーチし、冒頭数秒で興味をひける構成を意識しましょう。

インパクトのある内容にする

ありきたりなアイデアや、ただ商品・サービスを紹介するだけの動画広告は、ユーザーの興味をひけず視聴してもらえない可能性があります。

動画を「面白い」と思ってもらうためには、今までみたことがないようなインパクトのある内容にすることが大切です。

先の予想ができないような展開の構成にすることで続きが気になり、最後まで視聴してもらえる可能性が高まるでしょう。動画の内容が面白く、商品やサービスが視聴者の印象に残れば、高い宣伝効果を期待できます。

同業他社が取り組んでいない動画を作る

同業他社の動画広告を研究することも大切です。他社の動画をみたうえで、他社と被らないような内容を考えてみてください。

同業他社では取り組んでいない動画を制作して強いアピールができれば、他社を一歩リードできる可能性もあります。

可能であれば数パターンの動画を制作し、視聴者の反応を検証してみることをおすすめします。

面白い動画広告の参考事例

面白い動画広告の参考事例

ここからは、動画制作・映像制作を専門とする「シードアシスト」が制作した動画広告の事例を紹介します。

一般社団法人 奈良県医師会様

脳卒中の初期症状を視聴者に理解してもらい、手遅れになる前に病院の受診を促す、一般社団法人 奈良県医師会様の動画広告です。

動画の登場人物には、地域性を生かして万葉集で有名な歌人「柿本人麻呂」を役者に演じてもらっています。

動画の冒頭では、柿本人麻呂が短歌によって症状を訴えるという、ユニークさによって視聴者の関心をひきつけているのがポイントです。

寺内株式会社様

一般の方も利用できる総合卸売業者「fanbi寺内」の動画広告です。「若い女性に店舗のことを知ってもらいたい」というご要望のもと制作しました。

15秒ほどの短い動画ではありますが、ワクワク感を演出するためにイラストと実写を合成して作成した点がポイントです。

若い女性に「fanbiに行ってみたい」と思わせるような可愛く、親しみやすい動画に仕上げています。

面白い動画広告の制作はシードアシストにお任せください

面白い動画広告の制作をお考えであれば、ぜひシードアシストにお任せください。

シードアシストでは、ブランディング・マーケティングに精通したプロが、課題や目的、予算にあわせて、企業あるいは商品・サービスの世界観に共感できる動画を制作いたします。

各工程におけるスペシャリストが、社内一貫体制で制作を行っている点もシードアシストの強みです。

動画広告だけでなく、会社紹介動画やサービス紹介動画などにも対応していますので「現状の動画広告では成果が出ない」「今までにないインパクトのある動画を作りたい」とお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。


シードアシストでは、動画制作をお考えのお客様のご相談を受け付けております。
具体的な制作内容を伺い、お客さまのご予算に見合ったご提案をさせていただきます。
一度お問い合わせください。

▶ お問い合わせはこちら

この記事を共有する