無料相談 お見積り 無料相談 お見積り

ゲームプロモーションに動画広告を使うメリットとは?事例、制作のコツを解説|大阪の動画制作・映像制作会社なら株式会社シードアシスト

Column

コラム

ゲームプロモーションに動画広告を使うメリットとは?事例、制作のコツを解説

記事作成日:2024/01/08

記事を書いた人
SeedAssist 編集部

SeedAssist 編集部

弊社ではCM、PV、企業VP、研修用動画などの映像をトータルプロデュースいたします。お客様のニーズに合わせた最適な映像戦略をご提案いたします。どんな小さなご要望にも丁寧にご対応いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事を共有する

ゲームプロモーションに動画広告を使うメリットとは?事例、制作のコツを解説

ゲームにおける動画広告とは、YouTubeやSNSで表示されるゲームを宣伝するための動画のことです。

しかし、「動画広告を活用するメリットは何?」「広告にはどのような種類があるのか」と疑問を抱く方もいるでしょう。

そこでこの記事では、ゲームプロモーションに動画広告が向いている理由や、動画広告の種類を紹介します。加えて、動画広告で成果を上げるためのコツとポイントについても触れていますので、ぜひ最後までお読みください。

動画制作に関するご相談、お見積もり依頼などお気軽にお問い合わせください。

ゲームのプロモーション用動画広告とは

ゲームのプロモーション用動画広告とは

ゲームの動画広告は、YouTubeやSNSで表示されるゲームを宣伝するための動画です。

動画広告を通じてゲームのプレイ画面や魅力的なシーンをみてもらうことで、ユーザーはゲームに興味を持ちます。

また、ゲームの動画広告は、スマートフォン向けアプリとの相性が良いため、SNS上にはスマートフォンでプレイできるアプリゲームの広告が多い傾向にあります。

なお、動画広告は広告をみて興味を持ったユーザーが、ゲームの公式サイトやアプリをダウンロードできるサイトに誘導することで、広告効果を得られる仕組みになっています。

ゲームのプロモーションに動画広告を活用するのはなぜ?

ゲームのプロモーションに動画広告を活用するのはなぜ?

ゲームのプロモーションに動画広告を活用する理由として、以下4つがあげられます。次項で詳しくみていきましょう。

・短時間で伝えられる情報量が多い
・ゲームのプレイ時のイメージがしやすい
・SNSで他のユーザーとシェアされやすい
・潜在顧客層に訴求できる

短時間で伝えられる情報量が多い

動画は、文字の5,000倍の情報を伝えられるといわれており、1分間の動画は文字換算にして180万語、Webページにして約3,600ページ分の情報量があるという研究結果があります。

動画広告は、視覚と聴覚の両方から情報を提供できるため、テキストや画像だけでは伝わらない魅力を届けられるのが動画広告の魅力です。

たとえ、ゲームの内容が複雑で伝わりづらいものであっても、動画であれば正確に伝えやすいというメリットがあります。

ゲームのプレイ時のイメージがしやすい

ゲームをプロモーションするにあたり、世界観を伝えることは非常に重要ですが、ゲームの世界観や雰囲気を、テキストや画像で表現しきるには限界があります。

一方、動画広告で実際にプレイするイメージを伝えられれば、視聴者に「ゲームをやってみたい」と思わせることができるでしょう。

結果として、購買意欲を高めることにも期待できます。

SNSで他のユーザーとシェアされやすい

「Instagram」や「X(旧Twitter)」「Facebook」などのSNSは、コンテンツをシェアできるという特徴があります。

動画広告の拡散を狙い、多くのユーザーにリーチできれば、SNSは広告の出稿媒体として非常に有効です。

また、SNSではゲーム専用のアカウントを持つユーザーが少なくありません。そのため、ターゲティングをしやすいという点においても優れた配信先となりえます。

潜在顧客層に訴求できる

ゲームに限りませんが、動画広告はユーザーの視界に入りやすいため、広告を最後までみてもらえる可能性があります。

ゲームにそれほど興味がない人であっても、見入ってしまうほどの動画であれば「試してみようかな」とアクションを促せるかもしれません。

短い広告だとしても映像は頭に残りやすいので、興味・関心をひく工夫ができればダウンロードへつなげることも狙えるでしょう。

ゲームにおけるプロモーション動画広告の種類

ゲームにおけるプロモーション動画広告の種類

ゲームにおけるプロモーション動画広告の種類には、主に以下の4つがあります。それぞれでアピールできるポイントが異なるため、どのような内容なのかを次項で解説します。

・リリース前の予告動画
・プレイ画面や世界観を伝える動画
・実況プレイヤーとタイアップ動画
・ハウツー動画

リリース前の予告動画

ゲームのリリース前やアップデート前に、予告編として動画広告を公開します。もし、動画広告がSNSで拡散されれば、大きな注目を集められるでしょう。

短い時間でユーザーの心をつかむ予告動画にすることで期待が膨らみ、心待ちにするユーザーが増やせるかもしれません。

プレイ画面や世界観を伝える動画広告

ゲームのプレイ画面や世界観をテーマにした動画広告は、ゲームの魅力を伝えやすいためよく用いられます。

実際のプレイ画面をみせることで、ゲームの機能や登場するキャラクターをアピールできますし、ストーリーを分かりやすくまとめることでゲームに愛着を持つファンの獲得につながるでしょう。

実況プレイヤーとのタイアップ動画

実況プレイヤーとして活動しているYouTuberとタイアップし、広告を制作する場合もあります。

YouTuberとコラボすることで、チャンネルの視聴者にゲームが認知され、広告効果を高められます。

また、ゲームのプレイ動画を作成できるため、より詳細な情報を届けやすいです。

ハウツー動画広告

ゲームのプレイ方法を分かりやすく説明するハウツー動画も、動画広告で多く用いられます。

ゲームのルールや展開を紹介していくことにより、動画広告をみた人の興味・関心をひき、ダウンロードにつながる可能性があります。

実際のゲーム画面をユーザーにみせながらストーリーなどの紹介ができると、面白さや楽しさを訴求でき、ユーザー獲得のチャンスを拡げられるでしょう。

ゲームプロモーションの動画広告で効果を出すためのコツ

ゲームプロモーションの動画広告で効果を出すためのコツ

続いて、ゲームプロモーションの動画広告で効果を出すためのコツをみていきましょう。

・開始5秒でユーザーをひきつける
・ゲームプレイを動画内容に含める
・ゲームの概要や世界観を分かりやすく説明する
・複数のバージョンを制作する

開始5秒でユーザーをひきつける

動画広告で効果を引き出すには、最初の5秒を目安に興味を持ってもらうような内容にするのが大切です。

印象の薄い動画では、視聴途中でスキップされるかもしれません。動画のオープニング5秒で、一番伝えたい内容を端的に分かりやすく伝えることを意識しましょう。

ゲームプレイを動画内容に含める

ユーザーが求めるゲームの世界観や好みとマッチするかどうかは、実際のプレイをどこまでイメージできるかで変わります。

その点、ゲームプレイを動画広告に含めるとイメージがわきやすく、ゲームの魅力も訴求しやすいです。ゲームの内容も詳しく分かるため、ユーザーの共感を得やすいといえます。

ゲームの概要や世界観を分かりやすく説明する

ゲームのプロモーション動画は、ゲームの概要や世界観を分かりやすく説明する必要があります。

象徴的なキャラクターやキャッチフレーズなどをうまく織り込むと、ユーザーはゲームの大枠を直感的に理解しやすいです。

また、ゲームにはRPGやシミュレーション、シューティングなどさまざまな種類があります。広告の段階でユーザーに伝わっていないと、ゲームをはじめたあとで「思っていたのと違う」と感じ、やめてしまうかもしれません。

複数のバージョンを制作する

一本の動画広告で伝えられる情報は、ゲームの中のほんの一部です。

そのため、広告を出稿したあとは視聴者の反応をみながら、複数の広告を制作して運用するとより成果につながりやすくなります。

例えば、以下のような流れで制作し、ユーザーのニーズを満たせるようにしていきましょう。

・1本目:ゲームの概要を詳しく説明する動画
・2本目:ゲームの世界観にこだわった動画
・3本目:機能や操作方法を説明するチュートリアル動画

ゲームの認知度アップやダウンロード数増加につなげるためポイント

ここでは、ゲームの認知度アップやダウンロード数増加につなげるためのポイントを解説します。具体的には、以下の3つです。

・目標や予算を明確にし達成できる形式を選択する
・実際のゲーム内容と一致させる
・PDCAを回して運用する

目標や予算を明確にし達成できる形式を選択する

目標や予算を明確にすると、動画の内容をきめやすくなります。また、目的や予算によって動画広告の形式が変わります。

例えば、多くの予算があり短期間で認知度向上を図ることが目的の場合、インフルエンサーの起用やTVCM、YouTuberとのコラボなどが方法としてあげられます。

一方、予算を抑えてコツコツとコンバージョンを増やしていきたい場合は、SNS広告をはじめASO(App Store Optimization)なども方法としてあげられます。

実際のゲーム内容と一致させる

ゲームにおけるプロモーション動画の中には、ゲームの内容と大きく離れた広告を出すケースもあります。

しかし、これではユーザーのモチベーションを下げる原因になりかねません。

「思っていたものと違う」を避けるためにも、実際のゲーム内容と一致させるのが良いといえます。

PDCAを回して運用する

動画広告を出稿したあとは、実行・評価・分析・改善のPDCAサイクルを回し、効果測定していくことが重要です。

2つのパターンを比較するA/Bテストも有用といえます。

実施中の施策を検証し、改善を繰り返していくことで成果の最大化を目指しましょう。

ゲームの動画広告制作はシードアシストにお任せください

動画制作・映像制作を専門とするシードアシストは、これまでに350社・2500タイトル以上の制作実績があります。

配信を予定している媒体にあわせた動画制作はもちろん、豊富な実績で培ったノウハウをもとに目的に沿った動画プロモーションの提案も可能です。

熟練の専門スタッフとともに、動画制作をトータルでプロデュースいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


シードアシストでは、動画制作をお考えのお客様のご相談を受け付けております。
具体的な制作内容を伺い、お客さまのご予算に見合ったご提案をさせていただきます。
一度お問い合わせください。

▶ お問い合わせはこちら

この記事を共有する