説明動画を制作するメリット&クオリティを高めるためのポイント|動画制作を大阪でお探しなら映像制作のシードアシスト

コラム

Column

コラム

コラム記事

説明動画を制作するメリット&クオリティを高めるためのポイント

記事作成日:2021/07/10

記事を書いた人
シードアシスト

シードアシスト

シードアシストでは、“伝わる映像”を「マーケティング」「ブランディング」視点で見る人に本当に響く映像制作をご提案いたします。 映像で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。

説明動画を制作したいものの、どのような点に注意すると効果的な動画を作成できるかわからない方も多いのではないでしょうか。クオリティの高い説明動画を制作したい場合、説明動画の特徴や制作時の注意点を理解することが重要です。

当記事では、説明動画の主な活用シーンや説明動画を制作するメリット、説明動画を制作する際のポイントについて解説します。目的に応じたわかりやすい説明動画を制作し、情報を効率良く発信したい方はぜひ参考にしてください。

1.説明動画とは

説明動画とは、複雑な情報をわかりやすく伝えるために使用される動画のことです。動画制作に必要な撮影機材や編集ソフトが安価で手に入る現在では、さまざまな情報を解説するための手段として説明動画が使われるようになりました。

また、インターネット環境やスマートフォンの普及により、動画視聴のハードルが下がったことも説明動画が活用されるようになった理由の1つです。

1-1.説明動画が使われる主なシーン

説明動画の主な利用シーンとして、次の3つが挙げられます。

○商品への理解を深めてもらいたいとき

説明動画は、消費者や営業先の担当者に対して、商品への理解を深めてもらう際に有用です。商品が作られた背景や商品の機能、類似商品と比較した場合の優位性などを説明動画によって伝えることができます。

商品紹介に説明動画を使うことで、セールスや商品購入後のアフターケアに役立てることが可能です。

○形のないサービスや概念を説明したいとき

ソフトウェアやコンサルティングなど、形のないサービスや概念を説明したい場面で説明動画が使用されます。

サービス紹介をする際は、抽象的な情報を図や表にしてわかりやすく伝えることが大切です。説明動画なら、アニメーションを活用した概念図や使用者のインタビューなどを含めることにより、形のないサービスに関する情報をわかりやすく伝えられます。

○研修などのコストを抑えたいとき

社内向けの研修や説明会を行う際に説明動画を活用すると、人件費や会場費などのコストを抑えることが可能です。また、研修や説明会で伝えるべき内容を動画として配信することで、準備にかかる時間や手間も省けます。

2.説明動画を制作する3つのメリット

説明動画の活用方法は多岐にわたるため、制作することで得られるメリットはさまざまです。新規客の発掘やセールス、教育など数多くの場面で説明動画が活用できます。

説明動画を制作することで得られるメリットの中で、特に大きな項目は次の3つです。

  • 伝えられる情報量が多い
  • 商品やサービスの印象を良くする
  • 情報の拡散に向いている

ここでは、説明動画を制作する3つのメリットについて解説します。

2-1.テキストよりも多くの情報を短い時間で伝えられる

説明動画では、撮影した映像やアニメーションなどの視覚情報と、音声による聴覚情報を含められるため、テキストと比べて多くの情報を短時間で伝えることが可能です。

商品のデザインやサービス内容をテキストのみで伝える場合、文字数の多い文章を読んでもらう必要があります。一方、説明動画を使用する場合は、実際に商品を使っているシーンを数秒含めることで情報伝達が可能です。

より短い時間でテキストよりも多くの情報を伝えられることが、説明動画を制作するメリットといえます。

2-2.商品やサービスの印象を良くすることができる

説明動画を使用すると映像や音声を使って訴求できるため、商品やサービスの印象を良くすることが可能です。

商品自体のデザインや機能紹介、得られるメリットを映像として表現すると、購買意欲を高めることができます。商品やサービスの使用感を具体的にイメージさせ、良い印象を与えられることが説明動画のメリットです。

また、説明動画の中で効果音やBGMを活用することによっても、商品やサービスの印象をより良くできます。動画の内容を音声によって強調したり、商品を利用する際の操作音などをそのまま伝えたりできることが説明動画のメリットです。

2-3.SNSに説明動画を載せることで拡散や世界への発信が簡単にできる

制作した説明動画をSNSにアップロードすると、インターネットを利用する世界中の方から視聴してもらえます。物理的な距離にかかわらず、動画によって商品やサービスの良さを伝えられることが説明動画のメリットです。

さらに、興味を引くような説明動画や、新規性の高い説明動画はSNSユーザーによって拡散される可能性があります。SNSで拡散された場合、広告費をかけることなく、より多くのユーザーから自社商品を認知してもらうことが可能です。

また、説明動画をきっかけにSNSのアカウントをフォローしてもらえた場合、情報発信がしやすくなることもメリットとなっています。

3.説明動画を制作する際のポイント3つ

説明動画を制作する際は、情報を効果的に伝えるための工夫が必要です。特に、説明動画で伝える内容や含める情報量が重要となります。また、費用対効果を意識して表現方法を選ぶこともポイントです。

ここでは、説明動画のクオリティを高めるための制作ポイントを3つ紹介します。

3-1.視聴者の購買プロセスを視聴者の目線に立って考える

説明動画を制作する際は、視聴者が商品を認知してから購買に至るまでのプロセスについて考えることが大切です。購買プロセスを理解したうえで説明動画を制作することで、購入の意思決定を後押しできるようなコンテンツを企画できます。

商品やサービスをすでに購入した顧客へのアンケートなどで、自社の商品が選ばれた理由を調査し、説明動画の制作に活かしましょう。

また、説明動画で伝える内容は視聴者視点で考えることも重要です。視聴者が知りたいと思っている情報や、視聴者の悩みを解決するための情報を含めることで、より良い説明動画が制作できます。

3-2.伝えたい情報のみを含める

説明動画のクオリティを高めるためには、伝えるべき内容を精査して情報量を絞ることがポイントです。説明動画に情報を盛り込みすぎると、何を伝えたいかわからない状態となってしまいます。

また、説明動画に含める要素が増えるほど、動画の再生時間も長くなる傾向です。しかし、長すぎる説明動画は最後まで再生してもらえないリスクがあります。

説明動画を制作する際は、動画の目的を明確にし、必要最小限の情報を簡潔に伝えることを意識しましょう。たとえば「商品やサービスを利用したユーザーの感想を伝える」、「商品の使い方をわかりやすく説明する」など、伝えたい情報を限定することが大切です。

3-3.費用対効果が高い表現方法を選ぶ

動画の表現方法には、モデルを使って実写映像を撮影する、イラストやアニメーションを使用するなどさまざまな形式があります。しかし、商品やサービスを説明するための動画を作る際に、必ずしも費用がかかる表現方法を選ぶ必要はありません。

説明動画によって商品の高級感や信頼性を高めたい場合は、費用をかけて豪華なキャストを用意することも選択肢の1つです。一方、社内教育や商品の使い方を説明するための動画は、それほど費用をかけなくても効果的に制作できます。

説明動画の用途によって、費用対効果が高い表現方法を選びましょう。

4.説明動画のクオリティを高めたいならプロへの依頼も検討しよう!

自社に動画を制作できる技術者がいない場合、クオリティの高い説明動画を制作するまでに膨大な時間がかかってしまう可能性があります。また、時間をかけたとしても、必ずしもイメージ通りの動画を制作できるとは限りません。

説明動画の制作にかかる手間を省きたい場合や、動画のクオリティを高めたい場合は、動画制作のプロに依頼することがおすすめです。

動画制作会社のシードアシストでは、商品やサービスについてわかりやすく伝える説明動画を制作しています。説明動画の活用目的に合わせて、構成案作りから出演者の選定、動画制作までワンストップで提供できることがシードアシストの強みです。

クオリティの高い説明動画を作りたい方は、ぜひシードアシストへの依頼をご検討ください。

まとめ

商品やサービスについてわかりやすく説明したい場合や、研修などのコストを押さえたい場合、説明動画が有用です。説明動画を制作すると、テキストよりも多くの情報を短時間で伝えられます。また、情報が世界中に拡散されやすいことも説明動画のメリットです。

説明動画を制作する際は視聴者目線で内容を作ることや、伝えるべき情報のみを含めること、費用対効果の高い表現方法を選ぶことなどがポイントとなります。

ハイクオリティな説明動画を制作したい方は、シードアシストへの依頼を検討してみてください。

Contact
お問合わせ

映像で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。

シードアシストは大阪を中心に、見る人に"本当に響く動画"を
「マーケティング」「ブランディング」視点の映像制作で提案している会社です。

テクノロジーは絶えず進化し、技術革新と共に動画はより身近なコンテンツとなりました。
近年、ますます世の中に溢れる映像コンテンツ。シードアシストは大阪の南森町から映像制作を通じ、常にクライアントに寄り添い、課題を解決するための「ソリューションとしての映像創り」という姿勢を大切にして参りました。
動画制作を始めた2012年よりずっと変わらないポリシーの基、今日も動画をお作りしています。
お陰様で、現在シードアシストでは年間220本の動画制作実績をご依頼いただいております。