無料相談 お見積り 無料相談 お見積り

デジタルマーケティングとは?注目の理由・手法・施策のポイントも!|大阪の動画制作・映像制作会社なら株式会社シードアシスト

Column

コラム

デジタルマーケティングとは?注目の理由・手法・施策のポイントも!

記事作成日:2022/01/28

記事を書いた人
SeedAssist

SeedAssist

弊社ではCM、PV、企業VP、研修用動画などの映像をトータルプロデュースいたします。お客様のニーズに合わせた最適な映像戦略をご提案いたします。どんな小さなご要望にも丁寧にご対応いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事を共有する

デジタルマーケティングとは?注目の理由・手法・施策のポイントも!

近年「デジタルマーケティング」という言葉を頻繁に耳にするようになりました。「ぼんやりとは知っているけど、具体的にどうやって取り入れたらいいのか悩んでいる」「自社に必要かどうか見極めたい」という人も多いでしょう。

この記事では、デジタルマーケティングの基礎知識から、注目されている理由・実際の導入手法・施策のポイントまでを解説します。デジタルマーケティングについて理解し、実務に生かしたい経営者やWeb担当者は、ぜひ参考にしてください。

1.デジタルマーケティングとは?Webマーケティングとの違いも

デジタルマーケティングとは、オンライン上で得られるあらゆる顧客情報を収集・分析し、その結果を基にマーケティング戦略を確立する手法のことです。「デジマ」という略語が使われる場面もあります。

似た言葉に、オンラインのデータを活用して行われる「Webマーケティング」があります。Webマーケティングの定義は、文字通り「Webサイトを通じて行われるマーケティングのこと」です。原則として自社サイトのSEO対策・アクセス履歴・Web広告の配信・SNS運用などの分析結果を活用します。

一方、デジタルマーケティングの定義は、より広範囲です。デジタルマーケティングでは、Webマーケティングに加え、インターネットを介したユーザーのありとあらゆる行動データを活用したマーケティングを行うことが特徴です。活用されるデータには、検索エンジンの履歴・ネットショップでの購入履歴・地図マップの位置情報・スマートフォンアプリの利用履歴など、オフラインの情報も含まれます。

以上から、Webマーケティングはデジタルマーケティングに含まれると言えます。

2.デジタルマーケティングが注目されている3つの理由

近年デジタルマーケティングは、重要度が高まっており、多くの企業で導入が進んでいます。また、デジタルマーケティングの専門部署を作る企業も増加傾向です。

ここでは、デジタルマーケティングが注目されている主な理由を紹介します。

・情報源の多様化

従来の情報源は新聞やテレビなど限られたメディアのみでしたが、インターネットの急速な発展によって、検索エンジンやSNSなどの情報源が急激に増加・多様化しました。そのため、企業は情報源とユーザーの実態を把握し分析する必要があります。

・デバイスの普及

スマートフォンやタブレットの爆発的な普及により、消費行動のパターンがより複雑化し、従来のマスマーケティングが通用しなくなりました。企業はこれまでの消費パターンに加え、デバイスを通じたユーザーの行動を分析することが不可欠です。

・DXの推進

現在、経済産業省の施策により、DX化を進める企業が増えています。しかし、社内で最新のデジタル技術を取り入れたとしても、データがうまく活用できなければ無駄となる恐れがあります。DX推進施策の1つとして、データ活用を促進できるデジタルマーケティングを導入する企業も多い傾向です。

DXとは「デジタルトランスフォーメーション」の略語です。ビジネスの場では、企業が最新のデジタル技術を活用して事業を変革するという意味で使われています。

関連記事

3.デジタルマーケティング手法の代表例6つ

「デジタルマーケティング」と言っても、種類・手法は多岐にわたります。ここではデジタルマーケティングの中でも代表的な手法を6つ紹介します。

・Webサイト運用

最も代表的な手法はWebサイトの運用です。自社のアピールや信頼獲得につなげる内容を意識するだけでなく、効果的なマーケティング施策を行えるサイト設計を行うことも重要です。

・SNSマーケティング

SNSマーケティングでは、企業の情報発信や直接的なコミュニケーションによって顧客との接点を増やして、サービス利用や商品購入につなげます。Webサイトよりより密接な関係構築ができるため、共感を喚起しファンを増やしやすいことが利点です。また、口コミや拡散による広告効果・認知度アップも期待できます。

・コンテンツマーケティング

対象のユーザーに対して価値ある情報を発信し、ユーザーとの関係性を構築した上で、サービスや商品の購入につなげるマーケティング手法です。一時的に売上をあげるためではなく、長期的にわたって収益を発生させることを目的とします。SEO対策と関連付けて行われることも多い傾向です。

・マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションとは、専用のツールやソフトウェアを使って、マーケティングの一連の業務を自動化・効率化することです。オートメーションツールを活用すると既存顧客・新規顧客・見込み顧客の行動データを収集・分析するサイクルを早められます。

・デジタル広告・動画広告

デジタル広告とはオンライン上で展開されるWeb広告のことです。デジタル広告の利点は柔軟性の高さとスピーディな点にあります。従来はテキストや画像を使用したWeb広告が多く見られましたが、ネット環境の整備・普及に伴い動画広告の存在感が高まっています。

手法によって、得られるメリットや導入予算が異なるため、自社に最適なものを選ぶことが大切です。

関連記事

4.デジタルマーケティング施策の4つのポイント

デジタルマーケティングにはさまざまな施策がありますが、ただ手法を取り入れるだけでは大きな成果を得ることが難しいでしょう。

ここでは、デジタルマーケティング施策を行う上で押さえるべきポイントを4つ紹介します。自社における施策を成功させたい人は、ぜひ参考にしてください。

4-1.目的を明確にする

施策を行う際に最も重要なポイントは目的を明確にすることです。目的を明確にするためには、自社が抱えている問題や解決すべき課題を洗い出すとよいでしょう。自社の問題点が分かれば、必要な施策を選定しやすくなるため、効率的にマーケティングを行うことができます。また、施策のPDCAのサイクルを短縮化することにもつながるでしょう。

目的や目標を決定した上で、KPIを設定することもおすすめです。KPIとは「最終目標を達成するための中途目標」のことです。KPIを設定することで、施策の効果を評価したり、方向転換の必要性を検討したりしやすくなります。

4-2.STPを設定する

STPとは「セグメンテーション(市場細分化)」「ターゲティング(市場の決定)」「ポジショニング(自社の立ち位置)」の3つの頭文字を取って名付けられたマーケティング専門用語です。

セグメンテーションでは市場をグルーピングし、ターゲティングで勝算の高い市場を選定、ポジショニングで競合と比較した自社の立ち位置を決定します。市場を分析し、競合他社と自社を客観的に比較することで、自社に必要なマーケティング施策が見えてきます。

4-3.商材・ターゲットへの理解を深める

最適なターゲットを設定するためには、自社商品やサービスに対する深い理解が必要不可欠です。商材との関連性が低いターゲットを選んだ場合、施策が売上につながる可能性が低く、効果を得にくいでしょう。

また、絞り込んだターゲットの嗜好や行動パターンなどを分析し、理解を深めることで、より的確な施策の選定や効果最大化が可能となります。

4-4.複数の手法を取り入れる

デジタルマーケティングでは、複数の施策を同時に行うことによって、相乗効果を期待できます。また、ITテクノロジーは技術革新がめざましいため、現在主流となっている施策がいつまでも有効であるとは限りません。常に情報収集を行い、新しいテクノロジーを積極的に取り入れていく姿勢が大切です。

まとめ

デジタルマーケティング(デジマ)は、オンライン上で得られた顧客情報を活用したマーケティングのことを指します。デジタルマーケティングには、Webサイト運用やコンテンツマーケティングなどさまざまな手法が存在します。デジタルマーケティングを行う際は、自社に合う手法を複数取り入れることがおすすめです。

シードアシストでは、デジタルマーケティングにも取り入れられる、映像ソリューションをご提案しております。ご相談は無料のため、動画コンテンツを利用した広告を検討している方はぜひお気軽にお問い合わせください。


シードアシストでは、動画制作をお考えのお客様のご相談を受け付けております。
具体的な制作内容を伺い、お客さまのご予算に見合ったご提案をさせていただきます。
一度お問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事を共有する