【お見積り依頼】【無料ご相談】 【お見積り依頼】【無料ご相談】

企業PR動画とは|動画を使うメリット・作り方を解説|大阪の動画制作・映像制作会社なら株式会社シードアシスト

Column

コラム

コラム記事

企業PR動画とは|動画を使うメリット・作り方を解説

記事作成日:2022/03/01

記事を書いた人
シードアシスト

シードアシスト

動画制作・映像制作のシードアシストは『伝わる動画』制作で企業の課題解決を支援しています。企業の動画活用で気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。

この記事を共有する

企業PR動画とは|動画を使うメリット・作り方を解説

企業PR動画は、採用活動や展示会、SNSなど、さまざまなシーンで活用されています。企業の認知度を高め、業務内容を幅広く知ってもらうための施策として、これから企業のPR動画制作に取り組もうと考えている担当者の人もいるのではないでしょうか。

この記事では、企業PRに動画を使うメリットや動画の作り方、動画制作会社の選び方を解説します。企業PR動画の成功事例も参考に、効果的な企業PR動画を考えましょう。

1. 企業PR動画とは|動画のターゲットも解説

企業PR動画とは、企業の認知拡大やプロモーション、ブランディングなどを目的に制作する動画のことです。企業PR動画のターゲットは、目的によって下記の3つに分けられます。

● 消費者

消費者をターゲットにして企業PR動画を流すことは、企業のブランディングだけでなく、消費者の購買意欲の向上にも有効です。日常的に利用している商品やサービスを提供している企業について知ることで、親近感や好印象を抱く効果が期待できます。

● 企業

企業向けの動画は、多くの企業に向けて自社の魅力や技術力を伝えられるため、企業サイトや展示会のブースなどで多く活用されています。プレゼンテーションやセミナー開催時に、自社の紹介として動画を流す方法も有効です。担当者ごとに企業PRをする場合、準備に時間や手間がかかります。その点、動画は流すだけで多くの情報を伝えられるため、時間をかけずに品質を保った企業PRを行えます。

● 求職者

求職者をターゲットとした企業PR動画は、企業認知度を高め、求職者にポジティブなイメージを与えて応募意欲を高める効果があります。テキストや画像に比べ、動画で分かりやすく事業内容や魅力をアピールできるため、求職者の印象に残りやすくなります。また、動画は社内の雰囲気を伝えやすいことから、入社後のミスマッチを予防することにもつながります。

関連記事

2. 企業PRで動画を使う3つのメリット

ここでは、企業PRに動画を活用するメリットを3つ紹介します。

● 短時間で多くの情報を伝えられる

動画は、テキストや画像に比べて、短時間で多くの情報を伝えられます。ナレーションや動きを用いた表現ができることに加え、相手が最後まで飽きずに見やすい点も重要なポイントです。テキストでは、伝える情報量が多いと読み飛ばされる可能性があります。動画は、企業が伝えたい内容を最後まで見てもらいやすく、より多くの情報を無理なく伝えられる方法です。

● 言葉では伝わりにくいイメージを表現できる

動画では、動きや音、アニメーションなど、多くの表現方法が使えます。そのため、言葉では伝わりにくいイメージを表現しやすいことも、動画を活用するメリットの1つです。画像やBGMの雰囲気、ナレーションの話し方など、さまざまな表現により、企業の伝統や品質のよさ、感情などを伝えることが可能です。商品やサービスの複雑な操作を説明する場合にも、実際の動きを音声と一緒に表現できるため、簡潔に伝えられます。

● 記憶に定着する

動画を見る相手は、視覚と聴覚の両方を使って情報を受け取ります。そのため、テキストや画像といった視覚のみの情報に比べて記憶に定着しやすく、企業認知度アップに効果的です。企業の認知度は、企業自体はもちろん、商品やサービスの信頼にもつながる重要な要素です。テキストや画像のみで伝えるよりも、記憶に定着しやすいPR動画を活用することで、企業の認知度を効果的に上げられます。

3. 企業PR動画の作り方

ここからは、実際に企業PR動画を作るときの流れを説明します。効果的な企業PR動画を作るためには、段階を経て作業を進めることが重要です。いきなり撮影したり、制作会社に依頼したりすることは、おすすめできません。満足できる動画を完成させるために、1段階ずつ制作ステップを進めましょう。

3-1. 目的と目標を決める

まずは、企業PR動画を制作する目的と目標を明確にしましょう。目的がしっかりと決まる前に制作に取り掛かると、途中で方向性がずれたり、訴求力が弱くなったりする危険性があります。効果が高い動画を制作するためには、目的を明確にすることが重要です。

目的が定まったら、最終的に達成したい目標を設定しましょう。目標は、動画の運用効果を判断したり、修正を検討したりする際に役立ちます。再生回数やコンバージョン率、企業説明会の応募数など、数値目標を具体的に決めると判断しやすいためおすすめです。

3-2. 訴求内容を決める

動画制作の目的や最終目標が決まったら、メインの訴求内容を決めましょう。訴求内容は、設定した目的やターゲットをもとに考えることが重要です。事前にターゲットの抱えている課題やニーズを分析し、目的達成のためにどのような訴求が効果的かを考えます。

また、訴求内容を決めて動画構成を考える際は、話題性を意識することが大切です。話題やトレンドに合わせた動画構成にすることで、より多くの人に動画を見てもらえます。SNSなどで話題となっている企業PR動画などを参考に、オリジナルの構成を考えましょう。

3-3. 制作会社に依頼する

企業のPR動画を作る際は、動画制作会社への依頼がおすすめです。社内に動画制作スキルのある人がいる場合や、動画編集に必要な機材がある場合を除き、社内で制作するよりも完成度の高い動画を低コストで作れます

制作会社を選ぶポイントは、豊富な制作実績がある会社を選ぶことです。多くのノウハウが蓄積されている制作会社であれば、より効果的な動画を作る技術力の高さが期待できます。また、一貫して動画制作できる体制が整っていることや、提示価格が明確であることも重要です。企画から動画撮影、編集までを一貫して行える会社は、要望や方向性の共有が容易であるためクオリティを確保しやすく、制作コストも抑えられるでしょう。

なお、動画制作費用は制作スタッフの数や動画の長さにより大きく異なります。事前に明確な価格提示がない場合は、最終的に追加費用を請求される恐れがあるため注意が必要です。

関連記事

4. 効果的な企業PR動画の事例3選

ここでは、企業PR動画の活用事例を3つ紹介します。

● 上柿鉄工建設株式会社

上柿鉄工建設株式会社は、幅広い鉄鋼加工技術を持つ会社です。動画では、機械を使ったさまざまな加工を紹介しており、鉄鋼に関する幅広い知識と技術を持った会社であると伝わります。工場上空からのドローン撮影や、普段目にすることのない鉄鋼加工の迫力のある映像が、強い印象を与えるPR動画です。

シードアシスト制作実績「上柿鉄工建設株式会社」

● ミウラ化学装置株式会社

ミウラ化学装置株式会社は、さまざまな物質を浄化することに特化した、高い技術力を持つ会社です。クリーンな印象を与える色合いとBGMで始まる動画は、前半と後半で内容が切り替わり、最後まで見る人を引き付ける構成です。会社の事業内容や活躍はもちろん、働いている社員の笑顔や充実度が伝わる動画に仕上がっています。

シードアシスト制作実績「ミウラ化学装置株式会社」

● 三鳩化学工業株式会社

三鳩化学工業株式会社は、手作り石鹸を製造している歴史のある会社です。手間と時間をかけて、丁寧に石鹸を作る工程をたどる構成で、石鹸の品質や作り手のこだわりがダイレクトに伝わります。伝統を重んじる製法と、肌に優しい石鹸の魅力が感じられる、印象的な企業PR動画です。

シードアシスト制作実績「三鳩化学工業株式会社」

それぞれの動画では、画面の色使いやナレーション、BGMなどの雰囲気に一体感があり、企業の特徴をしっかりと表しています。企業の魅力を動画全体で伝える、効果的な企業PR動画だと言えます。動画制作の要望を叶える提案力や、撮影・編集の技術力がある制作会社を選び、効果的な企業PR動画を制作しましょう。

まとめ

企業PR動画とは、企業の魅力を伝え、認知拡大やブランディングを目的に制作する動画です。企業PR動画を作る際は、いきなり制作に着手するのではなく、明確な目的や目標を定めて訴求する内容を決めましょう。事前に準備することで、方向性のずれや訴求力が弱くなることを防げます。

より記憶に残る効果的な企業PR動画を作りたい場合は、動画制作会社への依頼がおすすめです。豊富なノウハウを持ち、一貫して制作できる体制の会社を選ぶとよいでしょう。


シードアシストでは、動画制作をお考えのお客様のご相談を受け付けております。
具体的な制作内容を伺い、お客さまのご予算に見合ったご提案をさせていただきます。
一度お問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事を共有する